社会復帰支援場


>>レビューに「紅殻町博物誌」追加。[2018/08/18]
>>レビューに「LOVEMILF2」追加。[2018/06/05]
>>レビューに「大正×対称アリス」追加。[2017/12/20]
>>レビューに「監獄アカデミア」追加。[2017/10/17]
プレイ後レビューに「大正×対称アリス」追加。[2017/12/25]
「大正×対称アリス」リアルタイムプレイ日記完結。最終更新:[2017/12/10]
>>攻略に「この青空に約束を―」追加。[2017/04/06]
プレイ前レビュー一覧の平均値・標準偏差値修正。[2016-03-05]


○○○メニュー○○○

当施設の概要管理人の各種一押し
(当施設の特徴)

プレイ前用レビュー
(メインページ。購入前のご参考にどうぞ)

プレイ後用レビュー
(一部の作品についてネタバレも交えてダラダラ書いてます)

攻略
(なるべく自力でプレイしたい方向けのアドバイスです)

日記過去ログ
(近況垂れ流し日記の過去ログとか誰得)

リンク&メールフォーム
(相互リンク先様は常時募集中です)




2018/12/10
【「僕がサダメ 君には翼を。」の主題歌がかっこいい】

Mr.childrenの「youthful days」に似てる。(なお私の「○○に似ている」は賛同を得られたためしがない)

あとすみません、これはYoutubeで聴いています。どうやったら入手できるのか。(できれば廉価で)

それはそうと本題です。DMMのソシャゲ「対魔忍RPGX」始めました。クソ雑魚ナメクジ無課金勢だけど、フレンドになってあげても良くってよ!
…と思って性懲りもなくIDを載せておこうかと思ったのですが、海自に頭を下げてフレ登録依頼するに留めておくことにしました。
というのも、前作と呼んでいいのか、カオスアリーナはプレイ開始2ヶ月ほどで「(プレイヤー間の争いを)強いられているんだ!」と集中線出しながら早期撤退したし、アサギ3は自分がクリアしたかどうかすらうろ覚えだったりするし(終盤で止まっていたような…)、確かユキカゼ2が結構前にリリースされたような記憶があるのですが要はそういうザマですし、まぁ歴戦の皆様に及ぶべくもないニワカなのが一つ。
2つ目は、FGOを「ガチャ絶対許さん」と言って放り出して(その後サブライターが始めたらしい)、きのこへの恨みつらみというか失望の念は薄れていませんが、その割にきっちりガチャゲーの(そしてFGOの二匹目のドジョウ臭もする)対魔忍RPGXは始めている辺り他人から見て全く整合性がついていないのと、そして3つ目、この対魔忍RPGXもそう遠くない未来に「○×△□☆☆☆!!!」とか激昂しながら放り投げる姿がすでに自分でも目に浮かぶのとで、まぁ面の皮が厚いことで有名な晴鍋さんも、これくらいにしておいてやるかっていう気持ちになったってことです。
さっきから何言ってるのか分からないでしょうが、とにかくそういうことなのでご理解下さい。特に深い意味は無い。(あと海自にとってはいい迷惑)

で、対魔忍RPGXなのですが、実はずっと気になっているもう一つのソシャゲがあって、それがバルドエースなんですよね。
これまたバルスがまたも(4回目くらい)プレイ途中で止まったのと、一度に複数もソシャゲやるほど時間ねーよってのとで断念していますが、どっちが当たりだったんでしょうねぇ。

ちなみに、対魔忍RPGXを選んだ理由はだいたい以下のとおりです。
・絵がエロい←重要
・世界観好き
・テキストが一度に3行出て読みやすい
・サクサクレベル上がるので不毛感、時間をドブに捨てさせられている感が少ない(少なくとも序盤は)←重要 ←しかしこれが最大の不安要因
・ご褒美Hシーンの尺がそこそこ長くてヒロインフルボイス←重要(ちゃんとエロゲしてる)
・パソコンでプレイできるから画面でかい←重要
・シナリオ、そう面白くもないが並の対魔忍シリーズ水準くらいはある(今のところ)←ただしこれはこの後失望に変わる気がする。主にゲームパートとシナリオパートの整合性辺りから。
・プレイヤー間の争いを強いられていない(←集中線不要)

気に入らない点は、今のところは主に以下の2点です。
・FGOと全く同じフレンドシステムなので、フレンドキャラに強キャラ入れられるか否かで難易度が著しく影響を受ける
・FGOと同じく、イベントシナリオがメインシナリオクリア後のシナリオという位置づけっぽい。

他にも細かくは色々ありますが、まぁね。

何はともあれ、久々に現代のエロゲサイトっぽい話題できたので満足です。



web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。




2018/11/10
【Innocent Grey(霜月はるか)懐古】

英語のリスニング力が吐瀉物レベルで壊滅している私ですが、最近洋楽ばっかり聴いているんですけど、なにせリスニング力がゲロレベルで崩壊しているもので、何言ってるか全然分からないんですよね。(加えて語彙力の問題も見逃せない☆)
なので、やっぱり邦楽聴きたいわーってたまになるのですが、今そういう気分で、ふと聴き直したくなったのがInnocent Gray関係の曲。
カルタグラの主題歌「恋獄」、PPの主題歌「蝶」(だと思う)、そして殻ノ少女主題歌「瑠璃の鳥」。この辺りの鉄板ぷりときたら!!
全部Youtube貼っちゃう。もちろん私はサントラとかで入手済なのですが。

懐古厨になりますが、「恋獄」は、OPムービーのレベルが凄かったです。陸自の話では、この後スタッフがInnocentGreyからType-moonに引き抜かれたそうで、続くPPのOPはまぁ…。曲は良いと思うんですけどねー。でもその後の「殻ノ少女」は、何がどうなったか知らないけど、OPムービー私すごく好きなんですよこれ。ひょっとしたらエロゲOPで一番かも知れない。若干思い出補正というか、当時この「殻ノ少女」発売前イベントで、登場人物30人のうち誰が殺されて誰が生き延びるか当ててみよう!という若干狂気じみたイベントをやっていまして、私と空自と陸自とで参戦・対決したんですよね。ちなみに私が負けたらこのサイト閉鎖という条件でした。当時のやりとりをまとめたリアルタイムプレイ日記がこれ。今読み返しても前提情報が完全に抜けてるから自分でもさっぱり分からん。
で、私これに絶対勝ってやるってすごい意気込んでまして(サイト閉鎖かかってるからね)、発売前に公開されていたこの公開ムービーも、死体のところコマ送りで何度も見て30人のうち誰か推定するとかやってたっていうのを、今でも懐かしく思い出します(懐古厨満面の笑み状態)。

関係ないけど、PPの主題歌って何て曲だっけなーと思ってあれやこれや調べていたら、うちのサイトで「片霧烈火さん唄」って書いてあって、これほぼ間違いなく誤情報ですので、霜月はるかさん唄に修正しておきました。ちょっと修正遅れてしまった(約12年)けどすまんな。

Innocent Greyは、とにかく徹底して性的猟奇殺人を愛好するというブレない姿勢をこれら3作で示して下さって、そのブレない姿勢自体はすばらしいと思うのですが、シナリオとしての魅力すら犠牲にしているように感じたのと、そもそも私が性的猟奇殺人描写に魅力を感じないもので、そのまま円満にお別れしてしまいましたが、今でもこうやって曲と一緒に思い返すことが多いので、やっぱり良いブランドだったんだなぁと(元カノかよ)。それか、私が最もエロゲに没頭していた時期だからか。
あ、はい、これで終わりです。






2018/11/02
【私信に次ぐ私信】

えーと、自分でも既に色々と事実関係を忘却しており、過去の記録を見る限り、どうも私が10月5日に中嶋あかねさんに「レス不要と付記されている、ここ2週間ばかりのweb拍手コメントはどうしたらいいのか教えてプリーズ!!!」って言ってて、それに対して中嶋あかねさんからは即レスをいただいていた(これだけははっきり覚えている)んですが、リアルが忙しかったり慢性的寝不足でサイト更新する気にならんかったりジブリが忙しかったりしてサイト放置していたんですよね。そしたら昨日こんなweb拍手コメントをいただきまして。

こんにちはー!(さわやか風)中嶋あかねです。
拍手下さいとのことでしたので、ぽちったのですが、タイミング悪く流れちゃったかなー…と思いまして、再度拍手&似たようなこと書きます。

なんかややこしい書き方してしまいまして、すみませんでした。
何度もレスさせてしまうのはよくないかと思いまして、「レス不要」を選んだ次第でございます。その判断がかえって混乱を招いたようで…すみませんでした。

…要約するとこんな感じだったと思います、前回の拍手内容。
あと、スイッチ買いました!「ゼノブレイド2」プレイしたらすごく3D酔いしやすいです。も、書いたと思います。最近は酔うことのない(スイッチの)乙女ゲーム買いました。 CERO「D」のせいなのか、主人公が巨乳。(絵柄のせいもあるんでしょうけど、対アリの百合花よりも少し大きい)まぁ、ここ最近の乙女ゲー主人公は巨乳率高いですけどね(笑)面白かった by 中嶋あかね


うわーうわーうわー
放置しすぎたー

ということで、正直まだ全然サイト更新する気にはなってなかったんですが、お詫びだけしておかねばということで更新しております。あかねさん、即レスいただいていたにも関わらず放置してきてどうもすみませんでした。
(謝るというのであれば、もうだいぶ前から他のweb拍手コメントも放置しっぱなしているような気もするのですが、放置しっぱなしのコメントがあるかないかすら覚えていないという惨状)

えーと、どうしよう。と、とりあえず、恐怖の答え合わせということで、10月6日にいただいたコメントも併せてご紹介。

どうも、中嶋あかねです。
すいません…混乱させてしまって…。(何度も送ってしまってるから、返信なんて面倒だろう…)と、レス不要にしてしまったのが晴鍋さんを思考の渦にたたき落としてしまいました…すみませんでした…!
日付が一番新しい(「動画公開再開しました」と言ってた)もの以外は、全部スルーで…よろしくお願いします。

夏の話ですが、ニンテンドースイッチ買いました。
「オクトパストラベラー(クリア)」と「ゼノブレイド2(序盤でめっちゃ詰まってます)」地味にプレイ中。…画面酔いとは無縁の乙女ゲームがやりたいです…。

こちらの拍手は、レスなしでもありでも好きに調理して下さいませ。
ではでは。 by 中嶋あかね

うーむ、なんだろう、マッチ率が高すぎて、ここだけループものの様相を呈していますね。(返す返すすみません)

ついでに、「日付が一番新しい(「動画公開再開しました」と言ってた)もの」も貼っておきますか。これは良いらしいので。

どうも、中嶋あかねです。動画復活しましたー。
差し替えは今のところないですが、マイリスをひとつ増やしました。
こちら(直リンさせていただきます)http://www.nicovideo.jp/mylist/63422050
です。
前伝えたアドレスが乙女ゲーMAD(というより私のはスライドショーですが…)中心。
今回のはジャンル問わず、画像変わらず曲だけ流すものです。
はい、今回もすがすがしいほどの宣伝拍手です。・・・すみません。

台風3度目ですね…もういい加減にしてほしいものです。
いや、ホント異常気象ですよ。この手の話は「気が向いたからする」程度で流されてますよね。数年前は飽きるほどしていたのに…。

ではでわ、今回もくだらないことで拍手しにきてすみませんでした…!面白かった by 中嶋あかね レス不要


……ということです。

では、改めて正座して、コメントいただいた順に(つまり紹介したのと逆順に)レスさせていただきましょうか。
まず、「直リンさせて」と書いてありますけどハイパーリンクは消えちゃうようですね、web拍手コメントでは。ご関心ある方、リンク先までどうぞ。
私、別に全然関心なかったんですけど、「曲だけ」と書いてあるので「あれ、前のと違うのか」と思って気になって見に行ったら、全部マイリス1人ずつ入ってて、コメントも1件以上入ってる(複数コメントある動画もあり)から、「おっ」と思って全部コメント見に行ったら、まずコメント1の動画は投稿者が出典をコメントで書いているということで納得して、コメント数複数の動画を再生したら、投稿者が出典に加えて解説を書いている動画だったという。分かるかな、このちょっとした戦慄。全部中嶋あかねさんやないか。「人民の人民による人民のための」とかいう台詞が誤用で頭をよぎるといいますか、これは怖い。ぶっちゃけサイコ感ある。こうなってくるとこの再生数20弱も、私の1回を除いたら全部あかねさんっていう可能性あるで。
いやぁ、この、誰が見ているかも怪しいサイトになんでこんな人が来たのかと思っていましたが、案外類友なのかも知れん。「動画復活しましたー」って書いているけど、全然復活していない(別動画だもん)し、それをよりによってこの場末サイトで「宣伝」しているのも、これひょっとして中嶋あかねさんの「誰もいないから大丈夫だぞここ」センサーがうちのサイトに対しビンビン反応を示していたからかも知れん。異常気象とかの話題が上滑りする。

まぁこの話はこんなところにしておいて。
「オクトパストラベラー(クリア)」
まじかー!良いなぁ良いなぁ。私の先輩にひとすら独身貫きながらゲームと漫画でばかり時間過ごしている人がいますけど、その人が久々にべた褒めしていたのがこのオクトパスエンペラーでしたね。(そういえばその先輩も、私他僅か数人しか見ていないクローズドなweb空間でたまに濃いレビュー記事書いてるわ………おかしい、地獄の釜の蓋はさっき締めてきたはずなんだが……)

えーと、オクトパスエンペラー。いかがでしたかっ?ぜひあかねさんのご感想を伺いたいところです。(←「も」を「を」に修正済)
世間的にも相当評判良いですよね。スクエニ久々のスマッシュヒット作(売上ではなく評判という意味で)じゃないでしょうか。
というかそもそも、Switchが羨ましすぎる。私も将来必ず買いたいと思っていますが(3年後くらい?)、リアルタイムの今しか楽しめないあれこれもありますからね、やっぱり。対人対戦ものは特にね。まぁ私は幸いにして基本的に一人でシコシコプレイしたい派なのでネット対戦要素は割とどうでもいいのですが。(今やっているネトゲの過疎だけは寂しい。)

んで、ゼノブレイド2ですよ。良いなぁ。というか実は1の方がやりたかったりする。あれはたしかWiiですのでほぼ望み薄なのでしょうが、でも移植されたりSTEAMで出たりしないかなぁ… STEAMは特に望み薄かなぁ…。(ゲームキューブのバイオ0がPS3に移植されたりということがあるので…)

STEAMで思い出しましたけど、まぁやっぱり世の中には、とても消化しきれないほどの無数のゲームで溢れかえっていますよね。日本はソシャゲとかいうおっとこれくらいにして、でも日本市場も含めてゲームという趣味は本当に広大になりましたね。
なお私の近況ですが、久々にバイオ4をNewGameでやり直して死にまくってたり、ウィッチャー3を購入したり、Civilization5を未だにちょくちょくプレイしていたり、忘れた頃にチョロっとエロゲしたり、あと牛歩の歩みでスマガを進めたりしています。

ゼノブレイド2の話に戻って、3D酔いとのことですが、3人称視点ですよね?(つまり主人公の背中を後ろから見るような。)私、3人称視点なら基本全く大丈夫なのですが、1人称視点になるとてきめん酔うんですよね。あれ、きついですよねー…。慣れというのは相当ありますが、慣れるまでが本当にきつい。マインクラフトでさえきついんだから、絶対FPSとかできないわ。その点PUBGはあのゲームシステムでTPSだから不思議。なんでTPSで作ったんでしょうね。(独り言)

まぁ、ぜひ慣れて、クリアしてください!
最後に乙女ゲーの話ですが、いくら主人公のおっぱい大きくても私プレイしませんから!(笑)
でも、なんで主人公のおっぱいが大きい傾向にあるのでしょうね。昔からずっとそうなら特に疑問もないのですが、ここ最近その傾向が強まっているのであれば、少し不思議です。

そういえば今日は1年弱ぶりに、私のエロゲ友達四天王の海自に会ってきます。彼はもう遥か昔からソシャゲに身も心も捧げているのですが、捧げているソシャゲが割とDMM R18系だったりするので、あれをエロゲ亜種とするのであれば今最もエロゲに近い男は実は彼なのかも知れない。
数年前の彼の、軽自動車が新車で買える金額をソシャゲに突っ込んで札束でプレイヤーを殴り放題にして愉悦に浸るプレイイングスタイルの話は、痛快でした。なおそのゲームはとっくにサービス終了しているっていうんだから二重に味わい深い。1年前の時点でも、彼の号令一つで彼のギルドメンバーが一糸乱れぬ統制を見せて他のギルドを打ちのめす(アイドルライブで)とかいう話を聞いていたのですが、あれから1年弱、彼を取り巻く世界は何か変わったのか、何も変わらないのか、興味深いところです。






2018/10/11
【ここだけ非社会復帰支援場】

すみません、ジブリアニメの「借りぐらしのアリエッティ」を観てどっかに感想書きたくなったので急遽この場所をお借りしたくなりました、管理人の晴鍋です。

最近観た鈴木敏夫インタビュー記事でちょっとだけこのアリエッティの話が出てきていて、その後Daishi Danceという人が手がけた「The ジブリセット2」という音楽アルバムを聴いてその中で心惹かれた曲がこのアリエッティの主題歌(アレンジ)で、俄然気になって一人上映会を決行したという経緯です。なお、この鈴木敏夫インタビュー記事は、故・高畑勲監督についての記事なのですが、日本中の読者を震撼させたものすごい記事です。高畑勲やべぇよ・・・やべぇよ・・・ってなりますのでお勧め。(あと個人的には鈴木敏夫氏の敏腕ぷりにも震えました。実際私もこの記事読んで作品に興味持って観ちゃってるわけですし。)

で、「借りぐらしのアリエッティ」ですが、肩透かしを食らった、不安を抱えながら映画館に足を運んだ(金曜ロードショーで観た)けどやっぱりがっかりって人も多いんじゃないかという印象。個人的にも、そんなに感動したりしてないです。
でも、なんか、製作者の魂を感じた。もうちょっというと、監督じゃないんですけど宮崎駿の情念を感じた。

もうね、全然、私みたいなオッサンとか、ジブリマニアのおじさんおばさん若者とか、眼中に無いんですよ。これは完全に私の独断偏見ですが、若き日に宮崎駿が受けたであろう、いわば伝奇もののな世界の見え方の変化、「私達の何気ない、見慣れた日常の裏にあるファンタジーの吐息」、それを10歳少し過ぎた頃の日本の少女達にも味わってほしい。その一点に全てつぎ込んだ映画なのだろう。そう思いました。
だってもう、冷静に考えればあまりにも設定無理あるもの。大人が大真面目に観て、あれはこれを象徴していてそれはこういう概念を具現化したものでこれは男根の隠喩でとか考察するようなものではないです。深読みなんてどこにも必要ない。
宮崎駿は「『借りぐらし』という設定がいい。いまの時代にぴったりだ」と考え、また本作品を作る上でのモチーフの一つがどうも「身の丈」というものらしいですが、もうそれだけでいい。配られたカードで勝負するしかない、強いて言えばそういうのが描かれた物語でしょうが、そんなことは観客が勝手に自由に読み取ればいいことで、本作の見どころは、繰り返しになりますが「私達の何気ない、見慣れた日常の裏にあるファンタジーの吐息」、それを10歳少し過ぎた頃の日本の少女達にも味わってほしい。これしかないのだと思いました。
だからこそ、私は胸打たれました。大人から見れば明らかに設定ガバガバですけど、そんなことはどうでもいいんだろう(そもそも大人の方を向いて作ってない)ってのがよく伝わってきたので。ショウという普通の人間の少年が重要なキャラとして登場するのですが、このキャラもたまに非常にデリカシーのない言動をするのですよね。明らかにこのキャラに合ってないというか、びっくりするのですが、そもそもキャラじゃないんだと思います。この辺りがもののけ姫頃からのジブリらしさというか、少年という存在の無知さ・愚かさを描いたのでしょうね。ここに、リアリティがあるのです。単純な善悪・正義と悪・味方と敵ではない、このリアルが必然持ち得る理不尽さというか。逆に、基本的に敵キャラである某キャラについては、コミカルに、漫画チックに描かれていたりして、ここでお話としての魅力を担保しようとしているのだろうなと思ったり。全く違うタイプの少年2人にアプローチかけられるアリエッティなんか、もうどう見ても少女へのサービスでしかないですよね。したり顔でしちめんどくさい解釈という名の妄想を繰り広げる大人とか眼中にないんですよね。
私の中で、申し訳ないけど20年位一貫して宮崎駿はガチロリということで認識しておりますので、今回もおじいちゃんのロリコン魂が情念として昇華された(?)様子をまざまざと観れたのも良かったというか、いやぁ主題歌心に響きますわ。
まぁつまり、これも一つのエロスかなということで、ギリギリ当サイト掲載基準クリアということでお願いします。

以上です、ありがとうございました。






2018/10/05
【求む:web拍手コメント】

えっ、もう前回日記から一月以上過ぎたの・・・?
早すぎない?まだ2週間くらいのはずなんだけど。どうなってるのよ。


さて、中嶋あかねさんにレスしただけの前回日記更新からのおよそ2週間の間に、中嶋あかねさんからさらに何度かweb拍手コメントをいただきました。
いただきましたが、その全てに「レス不要」がチェック入ってて、正直対応に苦慮しているのですよね。
私個人にコメントがあるならそれこそメールでもして下さったらいいし、それをされなかったということは、これレス不要なだけでレス禁止ではない、つまりサイト上で公開しても良いんですかね・・・?
そこのところどうなんでしょうか、あかねさん。もしよろしければお手すきの際にそのあたりについてもweb拍手コメントいただければ幸いでございます。
なお、さっきからweb拍手コメントweb拍手コメントと繰り返しておりますが、本来設置サイトコンテンツについてのweb拍手およびコメント機能ではございますが、当サイト固有の伝統に則り、一連の投稿コメントの中に当サイトに関係ある話題は微塵もなかったことはお断り申し上げておきます。こちらからは以上です。






2018/09/01
【緊急web拍手レス】
    ̄ ̄ ̄ ̄
    ↑拍手でも何でもないんですけどね。当サイトの場合。
     いっそ「掲示板」とかに名前を変更すべきか。

web拍手コメントをいただきましたが、これは緊急性を要すると判断し、僅か数日遅れでレスさせていただきます!

残暑お見舞い申し上げます。夏の日差しにとろけてませんか?
お久しぶりです、中嶋あかねです。
ちょっとやってみたことがあったので、こちら↓を
(お手数ですが、頭にhをお願いします)
ttp://www.nicovideo.jp/mylist/63235146
消えないうちにどうぞ(苦笑)

なんか…宣伝しに来ただけですみません。
あ、最新レビュー拝見しましたよー面白かった by 中嶋あかね

勝手にハイパーリンクつけて、しかも頭のhもこちらで補っておきました。h取る文化って、私よく知らないんですけどまだあるんですかね?あれって要は直リンクを避けることでリンク元を辿られないための措置だと思っていましたけど、違うのかな。ちょっと調べればわかるでしょうけど面倒な上本題と逸れるので調べない。
さて、中嶋あかねさん、ご無沙汰しております。ちょうど最近、どうされているかなーと思い返しておりました。
暑うございますね。というか8月末とは思えない暑さ。本日こそ未明からの全国的雷雨のおかげで涼しめですが、本当にもう、何なんですかねこの夏は。異常気象異常気象温暖化温暖化温室効果ガス温室効果ガスって、数年前までさんざん騒がれていたのに今年は全くテレビなどメディアでその単語が出ないのがまた気持ち悪い。軽々にそういう単語を使っていたずらに市民を不安に煽らないようという判断なのでしょうが、かえって不安になるわ。というか本当に地球温暖化をどうにかしたいのであれば、森元じゃないけどこの夏こそ、環境省は盛んにPRすべきなのにね。市民の多くが「これシャレにならんぞ」って思っている今でないと、涼しくなったら文字通り「喉元過ぎれば熱さを忘れる」わけで。
おかしいな、なにげない時候の挨拶だったはずなのになぜか炊き上がっているぞ。

で、えーと、本題へ。「なんか…宣伝しに来ただけですみません」って書いてあるのが、私、「なんか…宣伝しに来ただけのようですみません」と解釈して読んでしまっていて、「宣伝しに来ただけのよう」というか宣伝しに来ただけでしょうと内心ツッコミを入れていたのですが、よく読んだら原文自体がきっぱり「宣伝しに来ただけ」って書いてあってなぜか軽く絶望した。

というわけで、関心ある乙女ゲー好きな皆さんはどうぞ。何を見ればいいのか分からずとりあえず一番上のやつ(投稿日が最新)をフルで見てしまって、懐かしい厨二的ノリや構図が、「あれ、私実はこういうの意外と好きかも知れんな(*乙女ゲーでなければ)」とか思ってました。しかしなんでこれを当サイトで宣伝しに来たんだ?と疑問に思ったのだけど、よく見たら一番上のやつに限らず、全部投稿日が最新だった。
ということで気を取り直して対アリのMADを探して見ました。歌詞にシーンをあわせてあるんですねー。見たところで特にそうネタバレにはならないと思いますので、未プレイ者でも見れるんじゃないかなと思いました。
にしても、全クリした私も知らないCGが大量に出てきてびっくり。全年齢版はCGが相当強化されたのか、あるいは何かの特典CGが追加されているのか。

ちなみに、当サイトで宣伝したところで再生数は微動だにしませんから、中嶋あかねさんは宣伝効果の無さに軽く絶望して下さい。

で、私的に一番触れたいのは最後ね。
「最新レビュー拝見しましたよー」
はい。珍しく日記では無言のまま、紅殻町レビューアップ済だったのです。よく気づかれましたね。触れて下さってありがとうございました。
これをもって新作レビューの宣伝とさせていただきます。本日はありがとうございました。






2018/08/13
【「スマガ the Best」の初回起動チェックをネットワークセキュリティシステムが華麗にブロック】

自分では信じられない話なのですが、遥か昔にアンインスコしたFGOの、サントラCDを聴いていたりします。(アンインスコする前にレンタルした)

これがまぁ、好みの良い感じなんですよねー…。
私以外誰も同意どころか想像すらできないと思いますが、ザウスの往年の良作「永遠のアセリア」続編である「聖なるかな」の楽曲に似ている。

けどよく考えたら、意外と共通点多いんじゃないか、この2作………。
まず戦闘システムで3人1組になるあたりがそっくり。ゲームシステムがRPG(orその亜種)であるのもそっくり。各ワールド(時代)を巡っていくのも同じ。批評空間でタグ(POV)付けるなら確実に「戦う女の子」が上位ランクインしそうなところもそっくり。戦闘パートが作業ゲーなのもそっくり。

なお、FGOで好きな曲は、まぁ幾つかありますが、最初から一貫してずっと好きなのは「永続狂気帝国:セプテム」。せめてシナリオがもうちょい面白ければねぇ…。
まぁどのみちガチャは悪い文明なので粉砕するんですけど。


あ、本題ですが、まぁともあれ諸事情により私のメインPCにスマガはインストールできず、泣く泣く持ち運び用のノートPCにインストールしました。今度の出張時にでもプレイしますかね…。でもこれだとプレイ速度大幅に落ちそうだなぁ…。

そしてびっくりしたのは、とりあえずノートPCにインストールして、起動だけ確認して即×印押してプログラム閉じたら、閉じる前に「ザザーっ」とか画面がホワイトノイズ出て、その後ヒロインの一人らしきキャラが出てきて「えっ、もう閉じるんですか?もしかして動作チェック?私達、ずっと待ってますから」とか言われてからプログラム閉じられたこと。すげえぞこれ。全国の積みゲーマーが震撼したことでしょう。






2018/08/04
【予め買っておいた「スマガ」がWindows10 64bitで起動しなかったでござる】

高い箱代だったでござる。
ベスト版とやらを探すところからやり直しでござる。
ニンニン。






2018/07/29
【】

!?


!?


……

紅殻町クリアしました
(自分でもびっくり)






2018/07/18
【担当者不在にしております】

生きておりますが、当サイト的には生きておりません。あと1ヶ月くらいは生きてないと思います。

ついにね、STEAMのセールにね、手を出してしまったのですよね。

今は、Mount&Blade Warbandとかいう洋ゲーを毎日セコセコやっているのですよ。
何やっているかっていうと、40人くらいの部隊を率いて、部隊員にお給料を支給するため、ひたすら都市間を行き来して行商したり、武術トーナメントで自分が勝つ方に賭けて小銭を稼いだり、特に何の恨みもない野盗を追いかけて討伐しては死体からめぼしい武具防具を奪ってそれら中古品を売っぱらって小銭を稼いだりするだけの毎日です。これもお給料支給のため。支出が収入を上回らぬよう、額に汗して働き、なんとか生計を立てているのです。なんというリアル。つらい。
リアルと違って、敵の強さは味方の強さの半分だか1/4だかに設定しているヌルゲーモードなので、野盗をバッサバッサ斬り伏せるところだけはスムーズなんですけどね。(あと身ぐるみ剥ぐところ。)ここの設定を、敵NPCと自軍とで同じ強さにしたら、より世知辛い日常が体験できるのでしょうねぇ。

そんな感じですが、それでもまぁそこはやっぱりゲームで、領主になったり諸侯の娘さん達にちょっかい出したりもできて楽しいので、あと1ヶ月くらいは(エロゲーマーとしては)生きていないと思います、すみません。

あと、STEAMユーザーの方はお分かりでしょうが、私がセールで買ったのがこの一作なわけないからね。厳選して厳選して、確か4,5作くらい買ったから。






2018/06/10
【取り急ぎweb拍手レス】

従兄の嫁さんに声付いてませんでした? 参考になった

ご指摘ありがとうございます!!
確かにそうでした。早速修正させていただきました。
「参考になった」のは私ですよね、はい。
タイトルで「取り急ぎ」とか言っておきながら修正から4日間レス放置したのは内緒にしておきたいけど、なんとなくこのコメント下さった御方にはすでにバレてる気がする。

あ、紅殻町、ついに1人ヒロインクリアしましたよ!!
やったぜ。


残り3人分、ヘビーなHシーンが待っていますが、当方に迎撃用意あり。(CTLボタン)





2018/06/05
【熟女系実用ゲーのレビューアップ】

2ヶ月ほどずっとCivilizationやらドラクエビルダーズやらにうつつを抜かしながら、「せめてなんとか紅殻町くらいは進めないと…」「何も日記に書くことすら無い…」と心痛める日々を過ごしていたら、本日唐突にLOVEMILF2のプレイが完了してレビューが出来上がっていた。

紅殻町は、これもうレビューでも辛口評価は避けられないですね。もう少しでクリアだと思う、今度こそクリアだと思う(*1ヒロインのみ)んですが、これがまぁ進まない…。録画した水曜日のダウンタウン観てる方が数十倍ラクで楽しいというこの状況…。
でも後ろにスマガが控えているのでね。忘れがちですが。
このレビューをきっかけに、頑張りたい、そう思います。






2018/04/23
【お詫び】

本来日記を書けるような状況にないのですが、前回日記から無為に一月経ってしまったので、反省も込めて日記だけ更新させていただきます。
まず、バルス、紅殻町を始めとするエロゲ、この1ヶ月間、全く何も進んでいません。
何をやっていたかというと、主にminecraft、サブで三國無双Ⅶ。
エロゲ、特に紅殻町は、明日から頑張る。多分頑張ると思う。頑張るんじゃないかな。

これで終わっても良いのですが、せめてmincraftのお勧め動画シリーズでもご紹介しようかと思い筆を取りましたが、私が見たことあるのって基本的に超人気作品ばっかりなんですよね。なので私が紹介するまでもないというか、むしろお勧めを教えてほしいという。サバイバルで、なるべくバニラで、おもろいやつ。(雑)

私が好きなのは、ぬどんさんの古典、MSSPのド定番、少し知名度とお気に入り度下がって断崖絶壁村、そして相当お気に入りが「日本の微妙な都道府県」(これだけリンク貼っておく)。


じゃあの。






2018/03/22
【竜騎士07×樋上いたる】

竜騎士07×樋上いたるによる完全新作「惨劇サンドボックス」発表!竜騎士07プロジェクト発表会レポート
うおおおおおおおおおおおおおおおおお

…と言いたいところですが、ぶっちゃけ「トライアンソロジー 三面鏡の国のアリス」も未開封で積んだまま、ローズガンズデイズは終わったけどThe BESTの方は積んだまま、さらに言うとうみねこ再プレイも結局途中で積んでしまってそのまま… という状況なので、とてもファン面できたものではないのですが、それでも世間一般に比べれば相対的にファン度は高い方だと思う、そう思いたい。

まぁ私のアンテナが届く限り(注:よく途切れる)、購入はさせていただきますよ。
…いや待てよ。 このサイト見る限り、発売のハードが書いてないな…。PC以外だと相当キツいっていうかほぼ無理だぞ……。

というわけで調査したら、公式サイトには全然情報載ってない上に製作日記は2016年4月を最後に途切れているのに、ツイッターには最新情報が載っている哀しみ。(老害並感)

惨劇サンドボックス(仮題)→2019年発売予定ハード未定

…とのことです。そうかまだ未定か…。でも、ひぐらし・うみねこをSTEAMで販売とかもしているみたいなんで、PC版販売もワンチャンあるか…!?
にしても、情報初公開(多分)にして既にシナリオが8割できているって、さすが竜騎士07先生ですな。素直にすごい。

その他の私の近況。
まず紅殻町。ここにきてピタッと止まりました。
いやあのな。Hシーン、もっと控えめでええんやで・・・?そんな気合入れてたっぷりてんこ盛りせんでも、ええんやで・・・?
これは完全に私事で既に何度も各所に書いてきましたが、私ご飯食べながらプレイしているのですよ基本。個人的に、シナリオゲーで長尺Hシーンは本当勘弁していただければと、本当にわがままだけど思うわけです。CTLキー押してたらご飯食べる手が完全に止まるから。

バルス。Dive.2をえっちらえっちら進めていますが、いかんせんアクション大作なので全然進んでいる感しない。まぁ進めています。
マインクラフトとかCivilizationとかをプレイしながらなので、なかなか進まないのですが、まぁ進めています。
なんとか4月中には、紅殻町の次にプレイ確定の「スマガ」に入りたいものです。






2018/03/07
【「ほーら、お嬢ちゃん。
 さあ、舐めてごらん……
 美味しいクリームが出てくるよ~~?」】

 ↑最近お気に入りのBALDR SKYでの台詞。
正確には、
【男】
「お嬢ちゃん、そんなに生クリームが好きかい?」
【クゥ】
「んっ……?
 すきっ、クゥ、クリームすきっ!」
【男】
「実はおじちゃんのここからも、美味しいクリームが出るんだよ」
【男】
「ちょっと癖があるが、
 女の子は病みつきになる味で……」
【クゥ】
「ふわ……? くりーむ……?」
主人公が声の聞こえた方向に走っていくと、そこでは、汚らしい親父の股間を、クゥ(ヒロイン?)が不思議そうな顔をして眺めていて、そして冒頭の台詞に繋がるわけですが、この【男】の声優さんが無駄に熱演していて個人的にお気に入り。ぜひ生で聴いていただきたい。クリームだけに。

はい、近況です。まず紅殻町、細々と進めています(マジで)。
んで、BALDR SKY。
Dive.1の最初のヒロインルート終盤の、時間内に敵を全滅させればボーナスアイテムってところ、あそこあんなに難しかったかなぁ…。
Dive.1のシナリオはコンプした後で武器レベルも十分にたまった状態で挑んで、4時間くらいかかった……。コンボの組み合わせが悪いのでしょうけど、いやはや…。
あと1体、残り数秒ってところで相棒のスタンフレアが炸裂した時には本当にもうね。

んで、今ついにDive.2まで来ました!全然進んでないですが。シナリオ以前の、記憶遡行やってます。そう、本日日記冒頭の一連の台詞も、記憶遡行で再出したので触れたのです。

Dive.1終わった後、サバイバルモードに一切触れずにDive.2に移行してしまったのが後悔ですねぇ…。Dive.1で貯めたポイントがリセットされるとは。

ランス10は、届いたものの未開封のまま部屋の片隅に鎮座しています。そもそもランス9もやってないので、プレイは下手したら一年後とかでしょうねぇ…。
既に批評空間とかでは評価も出ている頃でしょうが、今は見ないことにします。

そんなところですかね。ではでは。






2018/02/18
【web拍手レス】

立春とは名ばかりの寒い日が続きますが、紅殻町細々と進めています。(時候の挨拶)
紅殻町は他の娯楽に押されがちなのですが、割とモリモリ進められているのがBALDR SKY。もうすぐDive1終わる。Dive2の2人目ヒロイン途中というのが自己ベストですので、最低でもそこまでは進めたい、というか最低でもDive2クリアにまで至りたい。ガチで。
武器のレベル上げと、なるべく武器レベル上げ効率が良くなるようにいちいちコンボ考え直すのと、バッドエンド解放のための同ルート周回とが大変だけど、頑張ろう。
なおシナリオはかなり良い。現在レビューではシナリオ7点ですが、8点に修正しちまおうかと相当悩んだ。まぁ当時の私が書いていることも一理あるので7点のままで。

さて遅ればせながらweb拍手レスです。遅ればせながら、遅きに失したということはない程度のレスの遅さ。(当サイト比)

えっと、まずは昨年11月末の分。

どうも。わざわざ私のサイトにweb拍手をしてもらってありがとうございました。出来る限り早めにお返事をしたかったのですが、色々あって遅くなってすいませんでした。日記にも書かれていましたけど、私もサイトを開設してからまだ一年ちょいですけど、他のサイトさんとの内容のかぶりとか他のサイトさんとの内容の質の差についてたまーに考えたりします。けど、私は私の好きなように書いてます。と言うか過去の作品のレビューをたまに他のサイトさんで見ますけど私のサイトのレビューと比べると文才と無さと内容の薄さに恥ずかしくなったりします。それこそ私の方こそサイトを直ぐに閉鎖しなくてはならないですから。そんな素晴らしい他のサイトさんも次々と閉鎖されたり、更新がとまったりとしているので、寂しいですね。まあ、私がエロゲを始めた頃(2013年頃)も既にそう言う事がいくつもあったみたいですが。結局はそれぞれが常識の範囲で好きなように書けばいいと思います。そう言うものじゃないですかねエロゲレビューサイトって。と言う訳で周りに気にせずこれからも頑張って下さい。同意できた by ウイング

ウイングさんキター
ウイングさんといったら、なぜかこんな場末のサイトにちょくちょく顔出して下さる(しかも私と基本的にプレイ作品ジャンルがかぶらない)という謎のナイスガイですが、一昨年かな、ついにこのご時世にエロゲレビューの個人サイトを立ち上げるという、私共々、20年くらい生きている時代間違っている疑惑がある御方です。まぁ上のweb拍手コメに書かれてあるとおりですが。
そうですね。素晴らしいサイトの数々も、今や多くが夢の跡ですね。栄枯盛衰、仕方のないことなのでしょう。ましてや、こうも目まぐるしい時代では。
そんな中、ウイングさんのような御方の存在は、心強いものを感じますね。
ウイングさんが仰るように、これからも好きにやっていこうと思います。どこまで続けられるか分かりませんが、あと数年は多分大丈夫だと思うので。
ウイングさんも、どうぞエロゲレビューライフをのんびりお楽しみ下さい。

それはそうと、ウイングさんのサイトさっき見に行ったら「2月はバレンタイン、3月はホワイトデーという面倒なイベントが…」みたいな内容書いてあって、「あれ、おかしいな、私どちらのイベントも存在すら忘れかけているレベルに微塵も忙しくないんだけど」「すわウイングさんもuiuiさんと同じで、可愛い顔してあの子割とやるもんだねと!?」と邪推しかけたのですが、これ多分、リアルお仕事の話をされているのですよね…。
うーん、接客業は大変ですね。かきいれ時でもあるのでしょうが。あと、冥色アペンドの率直なご感想もいつか聞かせて下さいまし。


続いて、年明けにウイングさん。

とりあえず、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。と書いておきます。2017年に溜まった積みゲーを消化していたら年が明けて、そのままここでweb拍手する流れとなりました。本当は冥色のアペンドが終わってその辺りの話をしたかったんですが、他の積みゲーばっかりやっていて全然進んでいないですよね。それと、オーガストとDMMの共同開発のオンラインゲーが気になっています。けど、多分プレーしたら平気で万単位の金額を課金しそうで怖くてプレーできないですね。そんなこんなで、このweb拍手の返事が返される頃までには、冥色のアペンドをもっと進めて次のweb拍手で色々と書きたいと思います。 by ウイング

なんか、閑古鳥が鳴くサイトだけあって、少し書き込みしただけで俄然存在感が出てしまう哀しみ。どうもご迷惑おかけします。そして改めて、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
…こういう律儀なこと、私他のサイトさまにしたことないわ…。ウイングさんはさすが人としてしっかりされていますねぇ…。いただいたweb拍手とかメールとかを数ヶ月単位で放置するどっかの場末のエロゲサイト管理人とは違うわ…。(そんな感じなので、私なんぞはもっと雑に扱ってくださっても大丈夫ですよ。)
オーガストのエロゲ、私存在すら知らなかったですが、どんなものでしょう?手は出されたのでしょうか?
でもまぁどうせ始めるならリリース直後がベストでしょうし、課金が怖いのであれば頑なに見ない聞かないするのも一つですね。私も、ついにFGOがきのこ謹製第二部序章開始だとか風のうわさで聞いてしまいましたが、「いいから月姫リメイク早くしろ、喝!!!」で一掃ですよそんな誘惑は。意味不明な話ですみません。
そして、おお、噂をすれば冥色アペンド。またよろしくお願いします。

そして最後が…
おお、まさか年越して再臨いただけるとは。この御方です。

面白かった


ギリギリですが、あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。
中嶋あかねです
本年度もちょくちょくお邪魔させていただきます。

昨年の話ですが、対アリ感想お疲れ様でした。
しかもクリスマス!実は対アリpc版最終巻発売日がクリスマスなんですよね(偶然)
画面の向こうでニヤニヤしてました(笑)

「好きキャラ3人あげて」
の回答は、FDで垣間見た猟師さんの印象引きずってますね。
質問メールが来た時、ちょうどFD移植版プレイ中だったので。
好きキャラにアリステアも加えたかったんですが、彼は百合花やオオカミくんとセットで好きだしなー…ということで除外しました。

あと、一番印象に残っているシーン
すいません…あんなとこで(笑)「三時のおやつ~」もちろん好きですよー!
後半部分は全部好きすぎて抜き出せなかったんです…(いい訳)

一番印象に残っている台詞
これ見た瞬間、頭の中にFDのアリステアの台詞「さわるな!」が…。
すぐに「違う違う、本編だ本編」と思い返して、思い出したのがエッグベネディクトでした(苦笑)
なお「さわるな!」は、あの大人しいアリステアが(ほぼ)初対面の猟師さんに向かって敵意というか、警戒心むき出しに声を荒げたのがすごい印象に残りまして…。

年末から年始にかけて「黒蝶のサイケデリカ」と「灰鷹のサイケデリカ」プレイしております。黒蝶もですが、灰鷹のBGMが良すぎていろいろわしづかみにされてます。

試聴…がなかったので…すみません
↓これを。お暇な時にでもどうぞ。
黒蝶のサイケデリカpv
https://www.youtube.com/watch?v=wJLYKPPCQ1M

灰鷹のサイケデリカpv
https://www.youtube.com/watch?v=TXADVXlCHVA

(*ゲームを進めているわけではありませんので、ご安心ください。あくまでBGM)
島みやえい子さんの歌は、「黒蝶」プレイ済みだとこちらの方が心えぐられました…。面白かった by 中嶋あかね


冒頭の「面白かった」、署名なかったですがこれも多分中嶋さんだと思うのですよ、時間と、当サイトへのアクセス数的に。まぁほぼ間違いないでしょうね。時間差1時間なんて当サイトweb拍手では誤差みたいなもんだから。
さて、えええ、今年もいらっしゃるのですか!?私はもちろん歓迎ですが、既に対アリレビューも完結した今、残りカスも良いところだと思うのですけどね…。まぁお気の向く限り、どうぞお越し下さいませ。
さて、そうですか、レビューアップ日で、妙な偶然が生じたのですね。ささやかながらお楽しみの材料を提供できたのであれば、あの日にアップできてよかったと思います。
あとは、あれですね。対アリプレイ後用レビューへのさらなるレスというところですね。あれ本当すみません、なんだか本当によく分からない代物になってしまって。私は楽しく書かせていただいたのですが、あかねさんを無駄に巻き込んでしまった感はひしひしと。
で、好きなキャラ3名の猟師さん、そうですか、FDでなんかそれらしき描写ありましたか。猟師さんは確かにFDでもう少し深掘りしてほしい…というか前も書きましたが、別作品で再登場させてほしい。オオカミ君も。
アリステア、そっかー。私、やっぱり男の子だからか一番感情移入できたんで、単体でも好きなんですよねー。このあたりも、男女での感じ方の違いかも知れないですね。
一番印象に残っているセリフ、仰る通りですね。全部好き過ぎて一部分切り取れないというお気持ちも、よく分かります。
「さわるな!」ってのは、うーん、アリステア君がそんなことを…。超意外ですね。

「黒蝶のサイケデリカ」と「灰鷹のサイケデリカ」、そ、そうですか、前にお勧めして下さった時はまだ未プレイだったんですか…(笑)

BGM良すぎは大変良いですね。羨ましいと言いたいですが、私もBALDR SKYで割とBGMも楽しんでいるので、まぁお互い幸せですねと。
リンクは、例によってサービスで直接リンク付けておきました。黒蝶の方は、すみませんこの日記書きながら聞き流してしまいました…。男が喋りまくってて、ああ、乙女ゲーだーと思いました。というかキャラ達の声に隠れてBGMほとんど聴こえん…。でも確かに良い感じですね。個人的に、灰鷹の方のオルガさんとかいう人の声と見た目が琴線に触れました。でも絶対悪役だわこれ。あとその直後だけギャルゲボイスでワロタ
灰鷹の方のED曲は、本当に良いですね。黒蝶の方のEDも、割と好きになってきました。

話は変わりますが、Q2: 貴方が乙女ゲーに求めるもの、期待しているものは?について。
お答えは「ストーリー=音楽>恋愛」だったわけですが、これは、個人的に強く共感するのですよね…。
一昔前までの私なら、「ストーリー>音楽だろ」って思っていたこと間違いないのですが、最近ちょっとシナリオと音楽とのコラボこそがエロゲの強味だと強く感じるようになりましたので。この話レビューでもしましたね。まぁいいや。
乙女ゲーに関しましては、対アリコンプしたのが奇跡っていうくらい色々な偶然が積み重なってのものなので、多分これ以上プレイすることはほぼないと思います。特に痛いのが、乙女ゲーでPC版出てるのがどうも少なそうってこと。PS vitaとか購入予定全くないんでね…。続いて、私が健全なエロゲーマーよろしく、健全な乙女ゲーの男キャラ達に全く惹かれないという点。
でも、それを踏まえて、やっぱり中嶋様には、個人的に期待している部分があるのです。
世の中には、男女問わずターゲット層に入れている作品もあるじゃないですか。FGOもそうだけど、所謂、微エロ程度の男性向けシナリオゲーとか、その逆とか。もっと具体的には、しつこいけど竜騎士07とか、竜騎士07とか!!!!(うみねこ竜ちゃんを許容できるのは、貴重な共通点だと思います。)
彼に限らず、竜ちゃんみたいなの、今後も出てくると思うのですよ。もし何か、シナリオ&音楽で名作来たなこれと思ったら、ぜひ当サイトにもご一報いただければ、これに勝る喜びはないなぁと思います。どうこの模範解答みたいなの。
とりあえず、いつかPC修理するか新調するかして、「ROSE GUNS DAYS」やって下さいよ。あわよくば「トライアンソロジー三面鏡の国のアリス」(私未プレイで積んでる)まで。

ではでは、本日はこんな感じで。
拍手だけ下さった方も、どうもありがとうございます。






2018/01/27
【生存報告がてらの更新】

紅殻町細々と進めています。
ここまで来れたらさすがに積む可能性は低くなったんじゃないかな。気を緩めず引き続きじわじわ進めます。

んで2018年の今更BALDR SKY Dive.1。いや、本当。意外と覚えてるものですね。前回日記で書いた内容、だいたい合ってるじゃない。しかも私、Dive.2の内容もある程度覚えているので、この時点では分からずに済むはずの鬱状況とかまで分かって辛い。まぁそれだけシナリオがよく出来ているとも言えるのですが。一粒で二度美味しい的な。
そういう意味で、はい、3人目のヒロインルートをたった今初旬クリア終えたのですが、このルートは本当、色々ネタバレ分かってると一番きついですな。
そして、3番目という配置も良い。考えてみると、3番目に限らず1~6番目の配置、この順以外有り得ないですね。

アクションパートは相変わらずへっぽこなので進めるのが大変なのですが、まぁなんとかやっていきます。
では短いですが今日はこれで。
あ、あとランス10予約した。






2018/01/04
【絶賛明けましておめでとうございます】

今年もよろしくお願いいたします。ていう文すらほぼ誰にも読まれていないだろうから鼻くそほじくりながらでもいいよね。今年一年が皆様にとって佳き一年でありますように。(ほじほじ)

さて、web拍手レスといきたいところなのですが、それは後日に先送るとして(でもウイングさん、ご丁寧にありがとうございます!)、今日はこれだけ書きに来た。近況報告。
実はね、年末から、1本とあるエロゲを開始したのですよ。正確には再開なのですが、前回プレイ時に序盤で積んでしまったのでもう一度最初から。
これが、面白い。まだ中盤にも入っていないでしょうが、いい感じで進んで……
…というタイミングでバルドのマスターピースなんちゃらが届いてしまって、どちらをプレイするか天秤かけて、またバルス(BALDR SKY)が勝ってしまったのですよね。
バルスは、確かDive1を1回クリアしてDive2を2回途中放棄して今に至るはずなのですが、もう一度Dive1の最初から。
我ながら、これでDive2エンドまで到達するか相当怪しいなと思っているのですが、なんとか頑張りたい。

で。
プレイしながら、私は何度このへっぽこ武器達を育成せにゃいかんのだと暗澹たる気分にもなっていたのですが…

シナリオ、こんなに面白かったっけ…。
っていう……。

やっぱ、初回プレイ時は消化不良が大きかったんだなぁとまざまざと実感。設定超ゴテゴテですからね。重い重い。今は設定やら一部シナリオネタバレやら覚えた上でやってますし、しかも各シナリオはほぼ忘れているという、再プレイには最適な状況でして、こうなるとさすがバルス、バルフォと並んでバルドシリーズ最高傑作だけあって、面白い。
今、2人目のヒロインルートやっているんですけど、楽しいなぁ。
ヒロインで一番好きなのは、今も昔も3人目のヒロイン(現在)なのですけど、3人目のヒロインルートは、方向性が嫌なんですよね。確かフェンリルとも敵対するんじゃなかったかな。メイン敵はアークでしょうけど。
二人目のヒロインは、ヒロイン自体は正直あれなんですけど、物語全体のキーパーソンの”先生”が私これまた好きでして、”先生”に何が起こったかも割と知った上でシナリオ読んでいますが、いやぁいいなぁという。"先生"は、現在と昔どちらの先生も良いですが、やっぱり昔が特に好きかなぁ。昔も軽く現在ですけど。
我ながらひどい日記ですねこれ。

Dive1をプレイしたのは、なんと今から9年近く前っていうんだから、月日が経つのは早いものです。つくづく、成長していないなぁと思います。嫌になります。
これは本当に常日頃強く感じるのですが、成長していたら、多分とっくにサイト畳んでると思うのですよね…。他の、無数のレビューサイト管理人さん達と同様に…。
なので、成長しないことも、また一つの選択なのかと、アホなことを考えたりしています。まぁジレンマですね。

とりあえずDive1。引き続き頑張ります。
(紅殻町も細々と進めています。)




当サイト更新にあたっては、エディタとしてez-HTML を使用させていただいております。

何かご用件がございましたら、リンクページ最下部にございますメールフォームをご利用下さい。
なお、当サイト各所にございますweb拍手のコメント機能もご利用いただけます。