社会復帰支援場


>>レビューに「鬼畜王ランス」追加。[2016/03/20]
>>レビューに「ランス・クエスト マグナム」追加。[2015/12/09]
プレイ後レビューに「ランス・クエスト マグナム」追加。[2015/12/09]
>>レビューに「プレイクラブ」追加。[2015/04/26]
>>攻略に「パステルチャイム3 バインドシーカー」追加。[2013/12/30]
プレイ前レビュー一覧の平均値・標準偏差値修正。[2016-03-05]


○○○メニュー○○○

当施設の概要管理人の各種一押し
(当施設の特徴)

プレイ前用レビュー
(メインページ。購入前のご参考にどうぞ)

プレイ後用レビュー
(一部の作品についてネタバレも交えてダラダラ書いてます)

攻略
(なるべく自力でプレイしたい方向けのアドバイスです)

日記過去ログ
(近況垂れ流し日記の過去ログとか誰得)

リンク&メールフォーム
(相互リンク先様は常時募集中です)




2016/06/17
【ローズガンズデイズ Season3】

あああああああああぁぁぁ説教くせえええええええええええええええ
ローズガンズデイズ、Season2辺りからちらほらチクチク来てたけど、猛烈に説教くせえええええええええええ
竜騎士大好きな説教、説教のターンンンーーーーーーーーーーーー

いや、私は説教好きな竜騎士が好きで竜騎士作品プレイしているところあるわけですから、あ、うそ、さすがに言い過ぎた、 竜騎士の悪魔的シナリオ手腕があれば説教も苦にならないからプレイしているわけですが、今回の説教にはさすがの私も苦笑い っていうかうざいっていうか耳痛いっていうか

・・・

そうなんですよね。説教ってのは耳が痛いからこそ説教なんですよね。

ローズガンズデイズ。
これ読んでいる極小数の皆さん、ぜひプレイして、私と一緒につれーつれー言いましょう。
え、戦国ランス?やってねーよ!


web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。




2016/06/06
【ローズガンズデイズ season1,2レビュー】

現在Season3の序盤です。うーむ…。

どこでSeasonが終わって次のSeasonが始まったのかよく分からんみたいなことを前回日記で書きましたが、理由が分かりました。 ひぐらしやうみねこのように、1Seasonで綺麗にエピソードが完結するわけではないのですね。 Season1は最初のエピソードの終盤くらいで終わるし、Season2も二つ目のエピソードの序盤くらいで終わる。
でも、それはそれでいいですね。無理に1season1エピソードみたいなことして先の展開が読めてしまうより、 どこで話が切れるのか、どこまで続くのか先が全く読めない、というのもまたサウンドノベルの強みですから。

さて、というわけでまだ全体の1/2しか進んでないわけなので、前の方の内容を忘れてしまわないうちにプレイ前用レビューを簡単にだけ書いておきます。

Season1

主人公が魅力的です。なによりも強く、賢くもあり、ウィットに富んでいます。この主人公を中心に物語が進むのですが、 ひぐらし、うみねこで見られたような竜ちゃん独特の悪魔的シナリオは鳴りを潜め、割と王道なシナリオ展開。
王道故、素直に面白い。安心して楽しめます。
この辺りは、うみねこと対照的だなと感じます。エンタメに徹している感が強いです。
ただ一方で、滅茶苦茶面白い、ページをめくる手が止まらない、と言えるほど面白いかと言われると、さすがにそれほどでもない。
何より、先の展開はプレイヤーもある程度は予測できるようになっておりまして、 それがある分、ちょっとシナリオ展開がタルいという印象もある。これがマイナスポイントですね。
総じて、安定した手堅い面白さが展開されたなぁという印象です。シナリオ得点6

Season2

主人公が魅力的です。というかSeason1で展開されたエピソードがまさに佳境に入ってきた辺りから始まるので、 割と最初からノンストップで面白い。ここに来てようやくシナリオ展開にグイグイ引っ張られる。
中盤辺りのシナリオ上の起伏でいうと「伏」部分があり、この辺りは先を進める手も遅くなりがちですが、 それも実に滑らかに次のシナリオ展開へと誘導して下さるため、すぐまた面白くなります。
こちらも、竜騎士お得意の悪魔的シナリオどころか、かなりカッチリと王道シナリオ展開。
とは言え、既にエンジンも温まり済ということで、総じてSeason1より大幅に求心力高まっていました。シナリオ得点8


え?戦国ランスですか?2巡目の五十六ルートでは今度は光秀をいじめ抜いてガラシャを仲間にしたんですが、 ”その時”、ユニットがちょうど30人だったんですよねー…。
健太郎君が仲間になったなーと思った次の瞬間謎の死を遂げて間髪入れずオートセーブされた。






2016/05/06
【ローズガンズデイズ】

あれ、今どこだ?Season2の終盤くらいか?話の区切りはきっちりついたんですけどSeason2はまだ終わってなかったような。

面白さ的にはちょっと山を越えてしまった感。 人にはそれぞれツボってものがあると思うんですけど、Season2序盤あたりの展開って、実はかなり私のツボついてるんですよね。シナリオ展開のツボ。
まぁまだモリモリ進めます。

ゴールデンウィークってことで、エロゲDL販売会社恒例のセールやってたじゃないですか。
今回のGWは、私もちょっと奮発しましたよ。奮発している場合じゃなくて、途中で積んでるゲームが無数にあるのでそっちを片付けるべきなんですけどね。
とりあえず、コンシュマーだとアサクリⅡはいい加減早く終わらせたい(この後3部作残り2つが控えている)し、 エロゲだと・・・ すみませんもうあれもこれも積みまくっててすみませんすみませんっていう。と、とりあえず魔法少女(あ、エロゲじゃないわ)だけは絶対終わらせる。 また止まってるんですけど。
ん?そういえば、ローズガンズデイズも別にエロゲじゃないし、やべ、これ何の日記だ。
そ、そうです、GWの話ですよ! ランス9!!ランス9買ったんですよ!!
とりあえずね!とりあえず! プレイするのはいつでもできるけど、安いのはこういうセール期間だけだから!(ランス9くらい新しいと値下げももうちょっと先だろうし)
で、こういうののお約束だと思うんですけど、購入して早々にいそいそとプレイも開始したわけで、で、序盤で放置してあります。皆まで聞くな。 あ、音楽は意外と悪くない。まずくない、決してまずくないぞ!
で、ランス9放置して何やってるのかっていうと、実家から持ってきた戦国ランスだっていう・・・。

でも戦国ランスもいってもね、もういい加減、何巡やったんだって話なので、さすがに飽きが来ている。
以下軽く戦国ランスネタバレ。
今また最初からやってるんで、織田軍現29名のイカれた奴らを一部紹介すると、前田利家(傾く気配無)、原昌示、安藤きゅうり、公家京子、山本五十六、玉籤風華、松尾芭蕉、一休、ゴエモン、・・・
・・・どうですかね・・・?泣けるでしょ・・・?私もちょっとクリア履歴に縛られすぎな気がしています。
なお、ちなみについ最近までいた面子として、公家強子、明智光秀、頑固一徹、地獄に墜ちるといい、快慶あたりが挙げられます。(頑固一徹は軍師不足の序盤には割とありがたい)
彼らと交代で入ってきたのがタクガ御一行、毛利御一行(*ちぬは犠牲になったのだ)といったところですね。うーん、しょっぱい…。現在、戦姫と山中小鹿と足利義輝が仲間になりたそうな顔でこちらを見ているんですが、 悪いけどあと一枠はレイラさんって決めてるから。
武田はサクッと北条を制圧した後でサクッと魔軍に滅ぼされたんですが、私なんとしてもこの初巡で坂本龍馬を男にしたいんですよ! 今は上総2000目指して泣く泣く江戸の魔軍に攻め入っているところです。
今65ターン目くらいで、まだ戦艦長門が綺麗に魔軍なんですけどね。いつ終われるんだろうこの初巡。
ちなみに作戦許可証は入手4ターン後くらいで早々に没収された。

そんな日々です。






2016/04/19
【ローズガンズデイズ】

あ、あら・・・?

なんか、プレイが止まらない・・・(現在Season2序盤)





2016/04/16
【ランス10にshade氏起用無】

はぁ…かなしい。ランス10にshade氏起用されないんですね…。
昨年10月には既に皆様のお耳には届いていたニュース、私が知ったのはついさっきだという。情報弱者という語を久々に思い出した。
(参考:http://blog.alicesoft.com/archives/4515116.html

「そういえばshade氏がDMMに何か新作出していたなぁ」と思い出しながらYoutubeのSML(Shade Music Laboratory)の動画集を見に行ったら、 The Last Edgeっていうアレンジ曲がアップロードされてて、「うぉぉ!」ってなりながら上記ブログリンクに到達したという経緯です。
これはかなしい。本当残念。取り急ぎ、無念な気持ちで筆をとっています。

さて、個室作って1ヶ月ほど経ちましたが、私は元気です。とは言っても毎日個室で”励んでいる”かというと実は全然そんなことはなくて、 なんと最近メインでやっているのがPS3のアサシンクリードⅡだという。
(昔ヴェネツィア編あたりまでプレイしたけどその後かなり長らく放置してしまったのでもう一度最初からやっています)
アサシンクリードⅡっていうのは、一族を殺された貴族の主人公エツィオ・アウディトーレが、アサシンとなり街を華麗に暗躍し鬼畜な政敵を暗殺する痛快アクションです。
このエツィオ・アウディトーレという男、物語冒頭ではただの女たらしのイカしたイタリア野郎なのですが、後に歴代最強のアサシンとして名を馳せる超凄腕で、 プレイヤーはこのエツィオの伝説を自らの手でなぞっていくことになるわけです。………が、私がプレイすると、エツィオ君もただの妖怪小銭漁りにしか見えなくて、 重要ミッション中でも小銭の匂いを嗅ぎつけたら道を逸れて小銭探しに走るわ、小銭のために罪も無き警備兵を惨殺するわ、 小銭を手に入れるのためならば惜しげもなく小銭をばらまいて衛兵の気を逸らすわ、漁るべき小銭ポイントのあまりの多さに辟易するわで、 さすがに自分でもこのゲームの楽しみ方を間違っている気がして、「もう小銭を漁るのは控えよう」(小銭を漁りながら)
・・・そんな日々です。
個室では、やめたはずのネトゲをやったり、そして、ようやく本題に入りますが、久々にエロゲを進めています!
まず、CROSS OVERの某抜きゲーをプレイしたのですが、なんだろう、全然使えない感がつらくて割とすぐにプレイが止まっています。
もう一つは、よろしければ、耳をかっぽじって聴いていただきたいのですが、「ローズガンズデイズ」。これ。これをやっています。
もう一回言いましょうか?「ローズ・ガンズ・デイズ」です。 ・・・え、ご存知ない・・・?

私ね、ちょっと、「うみねこのなく頃に」をもう一度やり直したくなってたのですよ。でも、ソフトを実家に置いてきてしまい、まさかもう一回買うのも嫌だし、結局断念。 じゃあ竜騎士07の次の作品「彼岸花の咲く夜に」でもやるかなーと思ったりもしましたが、批評空間レビュー読んでも全然買う気しない。
じゃあ… と探していた時に見つけたのが、このほぼ最新作「ローズガンズデイズ」です!!!(そう、竜ちゃんの作品なのです。)
批評空間でも、「埋もれている名作」「なぜ評判になっていないのか分からない」的評価!そうですよねそうですよね、竜ちゃんは過小評価されすぎ!!
というわけで飛びつきました。まだ最初の方(chapter3終わったとこ)ですが、プレイ感は”まぁまぁ”です。滅茶苦茶楽しいわけではないが、悪くない。続けられる。 これからもっと楽しくなることを期待しております。
年明け頃にいただいたweb拍手へのレスもまだ出来ていないことは気がかりですが、決して忘れてはおりません。本日は取り急ぎこの辺で。






2016/03/20
【レビューアップ】

今更「鬼畜王ランス」レビューてwwwwwwwwwwwwwww

自分でも草生えるわ。
でもまぁ、2016年になってようやく初のまともなクリアを迎えたのは事実ですから。プレイ前にこのレビュー読む人とかそれこそ誰もいないでしょうが、 点数つけて残しておきたかったのですよ。プレイ前用レビューは当サイトメインコンテンツですし。





2016/03/16
【晴鍋君の答え】

どうも、こんばんは。 レビュー書くと言っておきながら、クリアからだいぶ日が空いてしまったせいでプレイ中に何感じたか今ひとつ思い出せなくて結局レビュー書けない昨今です。 その節はどうもすみません。
さて、前回までのあらすじをご説明しますと、
 私、ほぼエロゲ断ち(2年ほど前)
→私「ギブアーップっ………!!!!」(最近)
→私「心安らかにエロゲがプレイできる環境を作るんだ( 'A`)φ」(前回日記)
完成しました(今ここ)

分かりますかね…?↑
つまりですねー。私、誰かが近くにいて私のモニタ覗き込んでくる環境でエロゲとか、到底できないんですよ。割と皆そうだと思うけど。
いや、出来る人もいるでしょうよ。特にゲーム性高いエロゲやる人とか。私もこれは出来た。実際ランス・クエストや鬼畜王ランスなどはそれで乗り切った。
けど、エロゲって、エロゲなわけですよ。そうでない人もいますが、私にとって、実用できてなんぼなんですよ! いくら実用性高くても、実際に実用できなければ意味無いんですよそんなもんは!!
マイワイフが刀剣乱舞やってる隣で実用ゲーなんぞ、起動すら出来るはずがない!!!!

2年間、この問題についてはだましだまし乗り切ってきました。 具体的には、ワイフが風呂入っている隙とか、ワイフが仕事に出ている隙とかを突いてテキパキ済ませるという。 これがねー、また、実用ゲーとの相性最悪なんですよねー。 特に風呂入っている隙とか、一秒一刻を争うわけですから、チンタラシナリオとか読んでられないんですよ! ちょっと想像したら分かると思いますが、だってこれ、タイムアップの場合どんな悲惨な状態になることか! いい感じに盛り上がった状態でおあずけですよ!? ・・・自然、実用ゲーからも足が遠のいた私。が、もうこんな生活耐えられない。
ってわけで、上の画像ファイルにあるように、つい先日、突っ張り棒やカーテンを駆使して、 リビングにもう一部屋、個室を作りました。

まぁワイフの機嫌の悪くなること悪くなること・・・。
気持ちは分かりますけどね・・・。

しかしもう、こちらも今回ばかりは堅い決意があるから折れない。こればっかりは呑んでもらうしかない。
で、ここ最近は、個室というエロゲ空間でエロゲもぼちぼちプレイしています。
・・・とは言え、カーテンがちょっと薄手だったせいで私の挙動も見ようと思えば微妙に見えるわけで、 もちろん真の個室と違い遮蔽感というか密閉感にも乏しいですからあまり落ち着かなくて、 未だ一度も発射には至ってないんですけど・・・・・・。
でもまぁ、隣からの散発的な視線がなくなったおかげで、大手を振ってエロサイトを巡回できるわけです。これだけでも嬉しい。 シャワーだけの生活から脱却し足湯追加くらいのリラクゼーション効果はある。 今後発射に到れるかどうかは怪しいですが、これについてもほぼ結論は出ていて、 もし現状で至れないならば一級遮光カーテンでもなんでも購入してきて何が何でもそこに至るのみです。そのための個室、プレイベート・ルームなのだから!!

で、個室で最近は何をしているかっていうと、なんと昔クリアしたデモニオンをセーブデータ消して一から再プレイしているという。
これ、改めて思いますが、エロさが良いですねぇ・・・。実用にはあと一歩足りない感がありますが、エロさという面ではバッチリですわ。 ヒロインがほぼ巨乳ばかりなのが嬉しい。まぁいいや。
現在続けてプレイしたい未プレイエロゲが2作ありまして、1作は今日注文しました。こっちはガチ実用ゲーなので、 私が薄手のカーテンの奥のプレイベート・ルーム(?)で人知れず(?)”至る”のも時間の問題ということです。






2016/03/03
【生きています】

どうも、すっかりご無沙汰しております。ご無沙汰の理由はいろいろあれど、一番の理由はやはりこれ。パソコンを替えました。
パソコン替えるとウェブサイト更新のためのデータやらソフトやらを全て復旧させるのが手間なのですよね。 今こうして書いているということで、ようやくその壁は超えたわけですが。
前回更新から3ヶ月あまり、何していたかっていうとすみませんずっとPS3のソフトばっかりプレイしていました。 これまで全く触れられなかったコンシュマーゲームを、青春を取り戻すぞという勢いで片っ端からプレイしていたので、 そして現在進行形でプレイし続けているので、あまりここに書くことないんですよね。。
でも一つだけあるのです。いや2つか。
まず1つ目。鬼畜王ランス、クリアしました。いずれレビュー書きます。
2つ目。これはうまくいくか分かりませんが、エロゲ復帰を割と真剣に考え始めました。でないと私の精神がやばい。
ここ1,2年ほど、とあるリアルな事情によりほぼエロゲ断ちをしていたわけですが、これはあかん。本格的にあかん。ゴールしたらあかん。
ゴールっちゅうかなんというか、ちょっと想像してみてください。一日の労働を終え、湯船にザブンとつかり、深い一息を入れるあの感覚。
まさに、心と身体の洗濯。リラックスであり、リフレッシュであり、リセットであるわけです。また明日も頑張ろう。
ここ1,2年ほど、そういうのはなくて、わかる人少ないでしょうが、カイジの地下帝国で順番に列を組んでベルトコンベア式に シャワーを浴びるような日々だったわけです。私の中で。エロゲ断ちというのは、私の中で、そういうものだったわけです。
つまり、まぁ一応身体は綺麗になるし、一見なんの問題もないようだけど、一方でじわりじわりと心が削られる。湯船に入りたい。一息入れたい。 エロゲで一服つきたい。

何言ってんだこいつ、しばらく更新しないうちにすっかりおかしくなったかと思われそうですが、そういう混沌とした私の胸の内をお察し いただければ幸いです。要は、エロゲ復帰を真剣に考えているということです。往年ほどエロゲ一色とはいきませんが、 全盛期の1/5程度にまでは戻したい。
本日、そのための資材が届きましたので、この後で組み立てます。うまくいくかいかないか知りませんが、またご報告いたします。
うまくいったら、とりあえずここ数日で目星をつけたエロゲ2作ほど購入しようと思います。それらについてもまたいずれお話しします。
あ、そうそう、最後になりましたが明けましておめでとうございます。





2015/12/25
【久々にフルで観た明石家サンタが結構面白かった】

はい、いかがお過ごしでしょうか。元気な頃は毎年12/24にレビュー1本アップしてたものですが、 昨日とか普通に仕事から帰宅したの22時過ぎですからね。ご飯食ってゲームして明石家サンタ観てたら終わったわ。
これまで長らく、24日はカップル達が街に溢れかえる夜になる前に早々に帰宅してしっとりまったりとした夜を 過ごしていたものですが、ここ3年くらい仕事で普通に帰宅が遅くなってるんですよね。で、気づいたんですけど、 街、全然カップルが溢れてない。むしろ仕事に疲れたくたびれたおじさんおばさん、そして若干の若い男集団しかいない。 若い男集団はこれからウェーイしに行くのかもしれませんけど、なんか電車内とか普段以上に落ち着く。なんだこれ。

…想像ですが、カップルがディナーのために動くのはもっと早い時間で、そうでない若者達はカップルを避けて家を出ないから、 結果としてくたびれた中年率が上がる……?想像ですが。

そんな話はいいんですよ。最近何やってるかって話。
まず、ネトゲはなんか面倒になったのでしばらくやってません。その代わりにバイオ4やってます。
あ、そうそう、一月前に日記で書いたバイオのコードベロニカ、日記書いた4日後くらいに、Sランク取ってやめました!
(最後までナイフプレイはクリア出来なかった。クリアする気も起こらんかったのでやめ)
んでバイオ4。名作と評判の本作ですが、うん確かに良く出来ているし面白いです。Easyモードでも死にまくった。
その話もいいんですよ。
最近は、ちょっと魔法少女は中断して、なんと、鬼畜王ランスをプレイ中なのです!!
鬼畜王ランスは、私過去に何度もプレイしてるんですが、結局まともなクリアに到達したことないんですよ。常に終盤あたりで挫折する。 具体的には、魔人戦あたりで挫折する。過去最高記録は魔人戦直後くらいだったと思うけど、クリアには至らず挫折。そんな 感じのことを、多分10年くらいの間に5回くらいやってます。
今回は、いい加減、クリアしてやろうと。何が理由か忘れましたけど、やっぱランス・クエストクリアしたのが理由ですかね、 ランスシリーズはやりたいけどshade氏が噛んでいないランス9はプレイする気起こらんってことで、鬼畜王。 戦国ランスやりたい時期があったんですが、あいにくとディスクを実家に置いてきてしまったので、プレイ出来ないんですよね。 わざわざ買い直すのもばかばかしいし。鬼畜王は、その点ネットで入手できるからいいですね。アリスソフト万歳!
で、まぁ若干おっかなびっくりプレイ開始したのですよ。なんでおっかなびっくりかっていうと、私もう、エロゲ全般受け付けない身体に なったんじゃないかなぁという嫌な危惧がありまして。成長したのか老けたのか分からんけど、最近エロゲは何プレイしても 今ひとつスッキリしない評価ばっかりですからね。モチベーションもあんまり保てないし。

鬼畜王は違った

面白い。いや、ぶっちゃけ攻略見ながらプレイしているんで、ゲームを楽しんでいるというより実況動画でも観ているような感覚かもですが、 非常~~に面白い。
なんかねー、私、大悪司が大好きなんですが、何がいいって、メインシナリオの裏で蠢くサブキャラ達の人間模様が、なんとも楽しいんですよ。 そういえばこないだの魔法少女も「戦術SLG」と称しましたが、ああいうの、そう呼ぶのではなくてS-RPGって言うらしいですね。 つまり、無機質・無個性なユニットを動かすのではなく、個性、人格を持つキャラをユニットとして動かすSLGゲームのこと。 私、ほとんどそういうのしかプレイしてないから逆にその概念に馴染みなかったですわ。信長の野望なんかがSLGとS-RPGの中間くらいに 位置するんですかね?
で、大悪司は、まさにその、ユニット達が織りなすサブシナリオが実に好きなのですが、鬼畜王ランスもかなりそれに近い感覚なんですよね。 大悪司も鬼畜王ランスも、主人公がぐいぐいとシナリオを進めてくれる痛快感もあり、その裏でサブキャラ達のシリアス(あるいはコミカル)な シナリオが展開され・・・ っていうのが、共通するなぁと。
そしてなにより強く感じるのが、シナリオのテイストが、多分古いんですよね。ノリというか。キャラの個性と言ってもいいのかもですが。
それが、いいんですよ。
どうも、最近のキャラ達には、キャラ造形に凝り過ぎてるのかキャラ造形が下手なのか私が老けただけなのか知りませんけどシリアスに振れてなくて、 どこか作り物っぽい白々しさを感じるのです。
私には、2000年頃のキャラが肌に合うんかなぁと、ぼんやり思ってます。分からないですけどね。
とにかく、鬼畜王ランスは、ランス・クエストのサブシナリオで感じたパッとしない感を補って余りあるというか、 「そう、これだよこれ!」と思わせてくれる、求心力の高いシナリオだなぁと思います。今、ちょうど魔人戦が始まったところですが、 ここまでプレイしてきて、つまらないなと感じる部分どこにもなかったですから。
戦国ランスや大悪司などと違ってキャラクリ的要素が無いのでその点いつも私の中で評価が低かったのですが、やっぱり名作と謳われるだけあるわーと、改めて感じました。確か本作は簡易レビューだけした記憶がありますが、今度こそクリアして本レビューに至りたいなぁと思ってます。
近況でした。

相変わらずのグダグダサイトですが、今年も一年ありがとうございました。





2015/12/09
【ランス・クエスト&マグナム レビューアップ】

レビューと呼べるほどの質かも怪しいですが、なんとか今年中に1件アップ・・・
またもや私怨を撒き散らしてますが、本心偽らざるところの堂々とした感想文です。
くぅ~疲れました。なんで俺くんが!?





2015/11/19
【なぜ最初から文庫本で出さないのか?】

なぜ最初から文庫本で出さないのか?
ネット見てたらこういう記事があって、なるほどなるほどと興味深く読んだんですが、これ、単行本に初回特典付けたらいいんじゃね!?
…と、久々にエロゲ脳が出てきたのでつい嬉しくなって日記書いてます。すっっっごい久々に日記書いてる気分なんですが、日付見たらまだ1ヶ月ちょっとしか経ってなかった。なーんだまだまだ余裕だったじゃないか。

…という。結構長い間エロゲに肩までどっぷり浸かっていたのが、いつの頃からか片足突っ込んでる程度になり、最近はもう右足の親指だけかろうじてエロゲというプレートに足を置いているような、そんな日々です。最近は、ざっと5足のわらじでしょうか。まずね、なんかプレイしたくなってプレイしている、バイオハザードコードベロニカ。これを最近メインでやってます。前にもバイオ2やってますって日記書きましたね。私は別にスーパープレイしたいわけでもやりこみプレイしたいわけでもないので、もうすぐやめると思いますが、とにかく最近はこれをやってます。Easyモードが許されるのは小学生までと嘯きながらEasyモードで1回おっかなびっくりクリアし、今2巡目をNormalモードでプレイ中。目指せSランク!と言いたいところですが、Sランク判定なめてんのか。ノーリトライは分かるとしてもノーセーブて。こんな・・・ こんな苦労を強いられるのならば・・・ ロケットランチャーなど要らぬっ・・・・!!!(元ネタなんだっけ。退かぬ媚びぬの人でしたっけ?)
次にプレイしているのが、ここで喋ったことあったかな、もう数年単位でずっとプレイしているネトゲ。これについては特に語ることもないです。エロゲレビューをアップしなくなった最大の要因と言っていい。
次にプレイしているのが、minecraft。ここで話したことありましたっけ?まぁいいです。これはもう完全に惰性。自分でも「こんなクリエイティビイティ0な遊び方しか出来ないならばいっそやめてしまえばいいのに」と思いながら惰性で鉄鉱石掘ったりスポーンブロック探したりしてます。情けない。
次にプレイしているのが、某フリゲ。後で話します。
そして最後、たまに思い出したように(割と渋々)起動してはボソボソとレベル上げしているのが、ランスクエストマグナム。自分でも、何をどう間違ったのか、こんなつまらん遊び方しかないのだろうか。なんなんだよレベル上げって。
レベル上げが別に全然楽しくもなんともないってのがまず良くないのですが、何が腹立たしいって、ランス君達のレベルが仮に上がってたとしても、プレイしているこちらのレベルはちっとも上がらない(むしろ若干下がってる感)し、しかも楽しくないっていう。いっそチートでもして健太郎くんにチート呼ばわりされた方がマシなのかもしれないですが、チートって本当にゲーム自体の魅力を大きく損ないますからね。さすがにそれには触れたくない。
…という日々です。親指だけってのもご理解いただけるのではないでしょうか。

てわけで、こんな当サイトでも、激励なのか、web拍手コメントを送って下さる極小数の皆さんがおられて、レスさせていただきたいなぁと思うわけです。

まずえーと、8/24。

面白かった

おし来た!!おーし来た!!面白かった来た!!!何が面白かったかはわからないですが、ありがとうございます!!


続いて8/28。

こちらのサイトに来たのは”女雪相撲”がきっかけでした。その節は、ありがとうございました。面白かった

おーし来た!!また来た!!ありがとうございます!!! 女雪相撲、お礼を言って下さったということはあの攻略記事のあれに気づかれたということですかね?お役に立ったならなによりです。いやー、あれはすごい作品だった。今冷静に思い返すと金返せレベルなんですけど、半ば強制的にお布施させられるのがこの業界の常ですからね…。でも、値段度外視すれば、私あの作品好きです。

次は9月。

わぁいレス不要って付けたのに書かれた! ありがとうございます全く問題無いです!
コメントが長文だったので釣りはいらねえよ! 的な気配りという名の自己満足のつもりなだけで、むしろ取り上げていただけるのは嬉しい事です。
それを踏まえて、今回もいくつか。長くなると思います。

 「苦言」
あああごめんなさい苦言なんてつもりじゃなかったんです間違ってるから指摘したつもりだったんです(タイトルの読みの部分)

私の持論に対する反論
管理人さんのおっしゃること、今回も興味深く拝読いたしました。なるほど、確かに。アティだけが棒読みという反論には納得せざるをえないだろう。
と、なると、アティというキャラクタ(個性、性格)的なものなのかもしれませんね。あくまでアティっていうか野月まひるさんを擁護する観点から(あらやだ偉そう
管理人さんはアティを「感情表出が豊か」だと言い表していらっしゃいますが、私が思うに、それは「スイッチがオンの時」の気がします。
もっと砕けた言い方で「気取っている」といったほうが近いのかも。
例えば我々が、ちょっと気取ったナレーション口調で事象を客観的に説明したりすることってないですか? あんな感じと言いましょうか。
むしろアティの本当に素の(2級市民アティ=クストスとしての)性格はかなり内向的で地味に見えたこともあり、醒めた目で眼下の風景などを客観的に見ているという描写だったのじゃないかなあと。
これがキーアとかだったら途中で素の感情が混ざるのもやむなし。w

3 レビューはそのまま
はい、上でも書きましたが当方に「苦言を呈した」「題名の読み以外を改めてほしいと思った」つもりはございませぬ。
久しぶりにレビューサイトをハシゴしたのですが、そんな中で貴サイトを発見し、ついつい持論を展開してしまったというのが顛末です。
私は「個々の意見が食い違うのは普通」と常々思っており、それをもって「そうじゃない、こうだ」と言うことはあれど、「直せ」とは思いません。
だからこその「興味深かった」であり、いらぬストレスをかけてしまった点につきましては、お詫び申し上げます。
失礼ながら私は若干移り気で、飽きっぽく、その時々で様々なサイト様を巡ったては忘れる、というスタイルなので、いつも見ていますよ! とかこれからもよろしく! とかは心にもないので言いません(開き興味深かった by 帰ってきた通りすがり…って通りすがり? レス不要


1000文字の制限は私にとって過酷だった…
というわけで冗長な部分を(これでも)削ったわけですが、それでもなお抑えきれぬ感情の発露といいますか、有り体に言うともうちょっと語りたかったので続けます。
なお、先にお送りしました文章、最後は(開き直り)と書いたつもりでした。
ほらこれ言わなかったら「(開き興味深かった」って何のことかわからない! ね? 1002文字制限だったらよかったのに!

取り乱しました。

4 改めて冷静になったら別に書くことなかった
えーと、なんだ、その。
よく見たら先にお送りした文章、小見出しの「3 」だけ消し忘れてますね。
これ消してたら2文字少なくなって開き直りが最後まで入りましたね。
ええ。うん。はい。前回と言い今回といい、なぜオチがつくのか。

ああそうそう、レス本文にて「数ヶ月前のと同じ御方じゃないかなと思っております」とありましたが、違います。別人です。
私の読み方、感じ方というのは自分で言うのもなんですが、かなりマイノリティに属するものである場合が多いため、あえて断っておきます。
むしろ発売後8年、フルボイスリメイクから3年以上経っているのにもかかわらず、同じタイトルのゲームに対するコメントを送っていらっしゃる方が他にもいたことに驚きました。

これにて大体書きたいことは以上です。はい短かった超短かった。
ともあれ、こうして感性、解釈の異なる方と意見を言い合うのは楽しいことであり、そのために「面白かった!」とかで終わる凡百のレビューではない、ひとつの基軸、自分の言葉、そういうものを持ったレビューサイトとして、今後とも(中略)どうか書き続けて頂きたいと思います。

グッドバイ。面白かった by どうも隣室に越してきた通りすがりです! レス不要


せっかく隣室に越してきて下さったのに、隣室は基本的にもぬけの殻で相済みません。通りすがりさんです。相変わらず熱量がすごいぞ。
あと相変わらず低姿勢な御方で、またも色々とお気遣いいただいたようで、恐縮です。アティに関しては、すみませんもうあまり細かいこと覚えてないので「素のアティ」というのが作品中から読み取れるものだったのかそうではないのかも覚えてないのですが、もし読み取れるものであったのならば、通りすがりさんのご解釈も至極ごもっともだと思います。そうだとしたら、私はまたもネット上に自身の読解力やら注意力やらの無さを発信してしまったわけですが、もうそんなことには慣れっこなので蒼天航路曹操ばりに「ならば良し!」で済ませようと思います。おかしいな、すごく格好悪いぞ。
小見出しの3だけ消し忘れている、というコメントを読んで私も「あれ?1と2がないんだっけ?」と気づいたくらいなので、全然問題ないです。にしても、それ込みで1002文字だったとは、なんという偶然。ていうかこの2文字のためだけに、またも1000文字近い後半コメントを書かれているのがすごいw
あと、
「「面白かった!」とかで終わる凡百のレビューではない、ひとつの基軸、自分の言葉、そういうものを持ったレビューサイトとして、今後とも(中略)どうか書き続けて頂きたいと思います。」
うぅ、耳が痛い…。昔の私ならば即答で「無論 死ぬまで」とか聞かれてもいないのに答えていたでしょうけど、最近はそもそもレビューすら書いてなくて…。お恥ずかしい。ぼちぼちでも頑張りたいと思います。
通りすがりさんなのですでに通りすがった後かもしれませんが、また通りすがることがありましたらどうぞよろしくお願いします。


次は・・・ お、uiuiさんだ

ご無沙汰しております。
拍手レスにuiuiコメントないな~と思ったらすいません、コメントしてませんでした。

近況は先日の串カツ屋で語った通り、転職して東京で楽しく働いています。
最近のトピックは・・・ちょっと諸々を抉らせて入院してた、くらいでしょうか。
まぁ元気にやってます。 by uiui


カスタムメイドの新作も出ており、たまにゲームしたいなと思うのです。
ただ、部屋が狭くてPCスペースを確保できておらず、面倒くさくなってきて何もせず状態です。
代わりにPS4買ってフツーにゲームしてますw

またどこかでお会いできればと思うので、適当に連絡しますぜ! by uiui


そうなんですよね、uiuiさんとはこないだ2回目?違うな、3回目か、の対面を果たしまして、uiuiさんお勧めの串カツ屋に行ってきたという。uiuiさんはしばらく大阪勤務だったので、私のご尊顔を伺うのも比較的容易で、「○日に○○までお越しいただけますでしょうか」とuiuiさんが一声かければ私が飛んでいくという感じだったのですが、現在は上で書いてあるように東京勤務なのでねぇ。なかなか私に拝謁する機会も無いですねぇ。さすがの私も、東京まで呼ばれて出ていけるほど身軽ではないので…。でもまた何かの機会があれば…  ていうか東京なんだから陸自とサブライターとuiuiさんの3人でオフ会しろ!!ていうかオフパコしろ!!サブライターと陸自でuiuiさんのオフをパコパコしろ!!!


次は… おおっと!!
面白かった

来た!また来た!!ていうかそろそろこれ、仕込みとか疑った方がいいでない?レビューも日記も割と更新していた頃にはほぼ全くなかった「面白かった」がここにきて連発。これは完全に、私を釣る餌・・・!つまり・・・祭の囃しにも似たこの「面白かった」・・・ 「おもしろかった」ではなく「おせ」・・・!!!(カイジ知らない人ごめんなさい)


んで9月末に真打ち陸自登場。何がどう真打ちなのか。

イブニクルはぬるゲーマーのワイ、楽しくやってるで! ランス03もな!(声あり意外とイケる あとるーすはラノベ出すらしいね…お前は太陽の子をどうするつもりなんだと小一時間 by 陸自

イブニクル、いいなぁあああああ!!!私もやりたい!!ランクエと交換してくれぇぇぇ・・・!!

私が記憶する限り陸自がプレイした初めての本格SLG
それは戦国ランスで私はガチエロゲーマーでした
陸自は1巡クリアするかしないかで積みゲ送りにし
こんな素晴らしい周回プレイ前提SLGを積む陸自は
きっと特別なぬるゲーマーなのだと感じました
今では私もエロゲ古参兵
プレイしたいのはもちろんイブニクル
なぜなら私もまた特別なぬるゲーマーだからです

えーと次は10月ですね。

面白かった
催促じゃ!!更新の催促に違いない!! どうもありがとうございます。


心に残るフリゲのSLGといえば、”魔法少女”ですな。 エロ無で長い作品ですが。興味深かった レス不要

これ!!!
このコメント!!!
このコメントいただいてから、フリゲ「魔法少女」やってるのです!!(5足のわらじの3足目あたり)

ジャンルは、典型的な戦術SLG。ユニットを動かして敵ユニットを攻撃して、全滅させたら勝ちというあれ。ていうかこのフリゲ自体がSLGツクールで作られていますしね。
で、まだまだ、多分半分も来てませんが、うーん、面白いかって言われると、「面白い」というより「懐かしい」…。この後のコメントで出てきますが、「幻燐の姫将軍」のⅡではなくⅠのプレイ感に割と近い。いやⅡもそんな変わらないとは思いますが。Ⅰを全面的にしょぼくした感じというか。どこでもセーブ可能、ユニット死亡ノーペナルティというぬるさなので、緊張感も控えめという意味でもしょぼい。
ただこれはSLGパートに限った話でして、ADVパートが、なんとも言えない魅力がある。少なくとも私こういうのかなり好き。なんなんでしょうね。私の頭が古いのかな。気に入るのって、割とこういうシリアス度高、萌え度低な作品ばかりなんですけど。ここで名前出しても絶対誰ひとり興味を示さないこと請け合いな「妖獣戦記」に通じるものがある。あれも良かった。ていうか3出してほしい。絶対出ないだろうけど。1と2をリバイバル版出して、名作と名高い3だけ出さずに放置されてるんですよ。なんという嫌がらせ。3を待ち望んでいるのは、日本広しと言えど私他数人程度でしょうから仕方ないですが。
おっと違う話になってしまった。
ADVパートが、なんとも言えない魅力なんですよね。キャラ達が、可愛げがないのがいいんですよ。ユーザーへの媚びが見えないというか。数は少ないとはいえ、男キャラもいるし。 それでいて、きっちりツボは押さえてあるから、ついつい応援したくなるキャラが何人かいる。特に、物語の中心になる(この後もなってほしい)2人組、私どっちも好きで、いいなぁと思うんですよ。 片方なんか彼氏持ちなんですよ!?でもこのキャラ、いいですよ…。
というわけで、ゲームを進めるにつれSLGパートがヘビーになってきた(プレイ時間的な意味で)のであまり進んではいませんが、素敵な作品を教えていただきありがとうございました。感謝感謝。


全面的に賛同いたします!同意できた

まじで!!?
いでよ!!アクセス解析!!!

・・・・・・・
donor[ドナー] か・・・ゴア・スクリーミング・ショウ・・・?
どっちかも分からないし、どっちでもないかもしれない。まぁweb拍手なんて自己満足なんで仕方ないですね…。ともあれ、どうもわざわざのコメントいただきまして、ありがとうございます。どっちも、割と(特にもう一歩だと感じた部分に)思い入れて書いたレビューなんで、ご賛同いただけると嬉しいです。


本日の最後です 

どうも。ぼちぼちランスクエストマグナムを続けられているようですね。私はランスシリーズは一切プレイしたことがないですから中身については、何とも言えませんが。日記とは関係ないですが、プレイ前用レビュー の方に、幻燐の姫将軍のレビューがありそこにプレイのきっかけとして、幻燐2のシナリオに興味を覚え、その予習のためにとありますけど幻燐2の方はレビューはされないんですかね?(一応日記過去ログの2010年から2013年まではざっと見させてもらいましたが何回かギブアップされているみたいですのでもうプレイされてなさそうですね?)まあもしもレビューされるのでしたらその時は喜んで見てみたいと思います。これからも頑張ってください。
SP 日記過去ログを見ている時の事なんですが2010/03/30の京都府知事選web拍手レスを見てビビりました。今でも山田啓二が府知事やってる事に。私は生まれも育ちもそして今でも京都府民でまだこの時10代でしたけどね。面白かった by ウイング


なんだかんだと、ちょくちょくお越しいただきまして、どうもありがとうございます。幻麟2は、あの後さらに1回か2回挑戦してまた挫折しました。なんなんでしょうね、戦女神2もそんな感じで何度も挫折して結局放置だし、エウシュリーとはどうも相性が悪いのか。イグナートさん大活躍の「冥色の隷姫」は本当に良かったんですけどね。イグナートさんあんな風格・体格・口調で実は・・・っていうのが私やサブライターには結構ツボで、プレイ当時は戦乙女ヴァルキリーシリーズの歌舞伎的絶頂が一部で大流行しており、サブライターとは「(新作ゲーム名)欲しすぎていぐぅぅぅぅ!!!」「いぐな」とか「腹減りすぎていぐぅぅぅぅぅぅぅ!!!」「イグナート」というよく分からないやり取りをしてました。いやイグナートさんはいいんですよ。ゲームとしても、ゲームシステムが非常にツボで、熱中してプレイしました。
てわけで、すみません幻燐2のレビューアップ可能性は相当低いです…。ウイングさんも冥色の隷姫やりましょうよ!
で、山田知事。はい、対立候補が貧弱すぎたというか、山田知事の地盤はやはり強固でしたね。そうですか、ウィングさんずっと京都ですか。といっても、ここであんまり京都トークしてもあれだし私もそんなにネタ無いしで・・・ というかなんとなくアップロードはしてありますが、日記過去ログとか読まれるのはやはりかなり恥ずかしいですね(笑)
ウィングさんはどういう作品をプレイされるんですかね。またよければお聞かせ下さい。

ではでは、本日はこの辺で。
正直この日記書くだけでも膨大な時間がかかったのですが、サイトがこの体たらくでも未だにこうやってコメントいただけるのはありがたいことですね。拍手も、ポチポチとならしていただいておりまして、どうもありがとうございます。
なんだか最早、レビューサイトどころか個人サイト自体が時代遅れとなった感が強いですが、だからこそ、ね。
あ、でも更新途絶えたからといってweb拍手で「はよ更新しろ 面白かった」とか催促するのやめて下さいね。私との約束だぞ!
ではまた。





2015/10/08
【Rance@wikipedia】

ふとランスシリーズの某ネタバレを調べたくなってネットで検索してみたんですが

Rance(wikipedia)

Ranceシリーズの登場人物(wikipedia)

誰がここまでしろと…。


しかしランス・クエスト(無印)の方のクリアを終えてから(*マグナムはまだ)このページ見てると、無印のシナリオがいかに噴飯ものであるかが改めてよくわかりますね。ていうかユーザーなめてんのか。旧き悪きエロゲの伝統は守らんでいい(未完成作品販売的な意味で)
ランスシリーズは、割と世界観が厨二心をくすぐって私も好きなんですよ。なので、今回は無印のメインシナリオの酷さが目についた。

マグナムの方、なんとか進めてます。続きのシナリオを読みたい&マグナムラスボスの曲を聴きたいの一心で。
ゲーム自体も、つまらないというわけではないのですがレベルを上げたいユニット(キャラ)が多すぎてさすがにレベル上げがつらい…w





2015/9/27
【ランスクエストという質の悪いもの】

どうも、約50日ぶりであります。
私、イリュージョンのプレイクラブのレビュー書いたじゃないですか。あれから、レビュー書いてないけどプレイクラブの追加ディスクもきっちり予約購入して20分ほど遊んで放り投げたりと、イリュージョンへのお布施は怠ってなかったのですが、その次の「Sexyビーチ プレミアムリゾート」はすごかったですね。私も公式紹介ページ開設直後から並々ならぬ注目をしていたのですが、オーバーで美辞麗句に溢れた宣伝文では隠し切れない地雷臭!!
なんでしょうね、前々から、我々ユーザーの斜め上遥か後方をいく製品づくりで定評があるイリュージョンでしたが、最近の作品は、頼みの綱の3Dヒロイン達のエロさという点でも見劣りするような…。ユーザーの目が肥えたのか、技術力が下がっているのか、その両方か…。
ともあれ「プレミアムリゾート」、発売直後からのユーザーの阿鼻叫喚っぷりをワインなど傾けつつ高みの見物をさせていただきました。(ちなみに私は下戸)
いや面白かった。ビーチで美女達といちゃいちゃする正統派3Dエッチゲームのはずが、大量のチンピラから追いかけられるガチサバイバルゲームになっているとか。
イリュージョンさんは、「ユーザーが本当に求めているもの」「ユーザーが求めていないもの」「極一部のコアユーザーしか求めていないもの(スタジオ機能とか!!!!)」について一度真剣に考えていただきたいですね。

あと、「少女たちは荒野を目指す」の特設ページがついに開設されましたね!!
これはだいぶ昔に陸自に教えてもらって、いちおうチェックはしていたのですが、ようやく公式ページが出来た≒開発が本格始動した、というところでしょうか。良かった良かった。「太陽の子」の方の完成は端からあまり期待していないので別にいいのですが、こっちはるーすもいないし 期待出来そう。
まぁ・・・公式サイト見る限り、別に私が期待しちゃあいない感じのシナリオっぽいですが・・・。(この路線なら漫画の「エロゲの太陽」の方がまだ気になる。結局まだ買ってないですが)

…とまぁ、私の極小観測範囲でもエロゲニュースが入ってきた、珍しい一月でした。あとあれか、アリスソフト新作の「ランス03 リーザス陥落」がまた発売前に割られたくらいか。
アリスソフトといえば、その1作前の「イブニクル」が正統派美少女RPGとしてえらく高い評価を受けていましたね。実は私も気になっています。正統派美少女の部分はどうでもいいんですが、正統派RPGの部分が気になる。クエスト形式ではなく、きっちり広い世界を動き回るらしいという点が。そう、RPGはこうでなくっちゃ!ずっとギルドなり拠点なりの画面のまま、クエストという有名無実の冒険をちょこっとしてはすぐまた拠点でぬくぬくして…の繰り返しタイプのゲームは、低価格帯、あるいはフリーゲームでは有りでしょうが、フルプライスエロゲとしてはやっぱりかなり見劣りすると思うのですよね。どの作品とは言いませんがランスクエストとかランスクエストマグナムとか。(ランスⅥは似たような作りながらその点シナリオや演出で上手くやっていたと思う)
いやマジで。ランスクエスト、これは本当にひどい。ランスシリーズの冠をつけないでほしいレベル。マグナムは、最大限のフォローをしたと思うのですが、元が元だからやはり結構きつい。いつかレビュー書きます。まだ一通りクリアもプレイ放棄もしていないので、もう少しかかります。というかまだまだかかります。(現在パーティの平均レベルが40弱、平均モルルン4回弱、マグナムのラスボスが今朝初登場したところ)

これまた思いっきり話変わりますけど、私、フリーゲームの「レミュオールの錬金術師」が大好きで、こないだ気が向いて同じ同人サークルの別のフリゲもやってみたのですよ。レミュオールの錬金術師が2作目らしいんですけど、1作目と3作目を。
正直、そっちやってる方がランクエやってるより楽しいですから。
もちろん、ランクエは割と波があるので、時としてはこれらフリゲよりは面白く感じてる時もあるんですけどね。
にしても、単調なレベル上げを延々とさせられる不毛感はマジきつい。製作者はユーザーの忍耐力に甘え過ぎだと思う。
ただ、BGMだけは素晴らしい。主に戦闘中のBGMですが。と思いながらニコ動でBGM聴いていたら「ランス9に比べればランスクエストはよく出来たゲームだった」みたいなコメントが流れてきて戦慄した。


どうも前回といい今回といい不平ばっかり言ってて申し訳ないんですが、まぁそういう感じの日々です。
web拍手コメントも幾つか(?)頂いております。ありがとうございます。また次回に返信させていただきます。





2015/8/7
【半年分のweb拍手レス】

どうもご無沙汰しております。7月はついに日記も書かなかったな。
や!これがですね!じゃあずっとエロゲ離れしてたかというと、実はそういうわけでもないのですよ!
むしろ割と濃厚にエロゲ漬けだった。そう濃厚でもないけど、日平均にして1時間は確実だと思います。これはすごい。
何やってたかっていうと、ランス・クエスト(途中からマグナム)。
これがねー、困ったことに、正直あんまし面白くない!ていうかダルい!マグナム入れたら少しはマシかと思ったら別にそうでもなかった!
まぁそれでも、途中割とめげながらも、なんとか、多少は面白くなってくるところまで来ました。具体的には、ちらほら2回目のLv.35キャラが出始める頃。プレイ済の人ならこれで全て察して下さるはず。
ほんと、Shade氏が戦闘曲手がけてなかったらどうなってたことやらっていう。
Shade氏はエロゲ業界の宝ですよね、ほんと。

さて、web拍手に寄せられたコメントへのレスです。もはや「拍手」という名前をやめた方がいいレベルですが、「web拍手」というサービス名なのだから仕方ない。

まずは今年の1月下旬にいただいたコメント。
はじめまして、まれびとさんの所のリンクからちょくちょく覗かせてもらってます。「この青空に約束を」をプレイされておられるそうですね。私としては各個別√の良さと言う点ではパルフェにかなわないかもしれませんが、主人公の良さではこちらの方が上だと思いますね。ここ数年のエロゲー主人公にない「アグレッシブ」な所が好きです。丸戸氏の作品であとおすすめを挙げるなら、世界でいちばんNGな恋も面白いと思いますよ。社会人の主人公と言うのも珍しいですけど「大人としてのカッコ良さ、そして誠実な所」はヒロイン達が惚れるのに納得出来るカッコイイ主人公でした。(初コメなのに長くなってすいません。)同意できた by ウイング

どうも、半年以上も放置することになってしまい申し訳ないです。はい、主人公の良さではこちらの方が上とのこと、分かる気がするなぁと思いながら拝読しました。なんかね、私の感想ではありますが、他のこの手の作品よりもきっちり「高○生」してますね。ええもちろん学園生ですけど。この辺が、丸戸氏の手腕の為せる業だなと思いました。主人公が幼いというつもりはないですが、でもやっぱり、大人に守られた年齢なんだということを、直接的に、間接的に上手く描かれているなぁと感心しました。そういう意味で、主人公は、「お前、高○生でそのキャラは老成しすぎ(というかライターの分身にすぎない)だろうよ…」という失笑がなくて良かったです。
うんまぁ。それでも、露骨に高○生なもんで。
おっさんになった私にはなんだかどうにも感情移入しきれないものがあって(主人公に限らず)、結局最近積み気味(というか存在を忘れていた)。
またプレイします。コメントありがとうございました。


続いて2月中旬に「同意できた」コメントありがとうございます。レス不要とのことなので、これくらいで。
そのすぐ後、2月下旬のコメント
リア充ですね。月に一度くらいは、拝見しています。参考になった

あぁ日記についてですね。本当に、お恥ずかしながら…。
私、このサイトにリピーターと呼べる人がどれだけいるのかすら分かってないのですが(2,3人くらいいると思いたい)、そういう貴重なお人からのコメントですね。
時々、思い出した時にでも見に来て下さったら、私は満足です。(関白失脚)
それはそうと、あの日記のどこが何の参考になったんですかねぇ・・・・・・・


続いて2月末に、同意できたのレス不要。どうもありがとうございます。

んで、次が多分大事。3月に
いやむしろ駄目だろこれは
いただきました!!! web拍手で罵倒される当サイトの図!!!! どうもすみません!!!!
・・・と言っても何がどうダメなのかが分からんので、仕方なくアクセス解析を紐解いてみたら、
「・・・インガノックレビューが原因・・・・?」程度のアテだけつけることが出来ました。
インガノックはねぇ・・・。私正直ちゃんと理解出来てないし、そりゃファンの方からしたら「駄目だろこれは」ってなるのも、想像はつく。なるほどー。
まぁでもね、私の方針として、理解出来たものも出来ないものも等しくレビューするというのがありますので、こういうこともありますよね。
さて次。3月冒頭。

エロとシナリオ。永遠のテーマですな。興味深かった

こ・・・これは・・・多分、(当時の)最新日記についてですかね。あの、シナリオゲー読んでたら濃厚なHシーンが始まってプレイが止まるっていう話に対してのコメントかと思います。どうもありがとうございます。
やーほんと。この内容に対しては、眉をひそめる方もおられるでしょう。しかし、これは多分エロゲーマーならほぼ全員からご賛同いただけると思うのですが、だからといってHシーン無くせとは、微塵も思わないんですよね!!
エロゲーは、ヒロインが脱いでなんぼですから。使う使わないはまた別の問題。もちろん、中には、全然脱がないヒロインがいてもいいですよ。それが「お前は脱がなきゃ駄目だろ!!」っていうキャラでも、それがライターさんの意向なら仕方ない。けれど、やっぱり基本は脱いでほしい。ほぼ間違いなく使わないけど。使いたかったら、最初から使う用の作品買うけど。それでもやっぱり脱いでほしい。てわけで、プレイが止まるのも、まぁしゃあなしですね。
そういえば今プレイしているランス・クエストも、基本的にHシーン突入したらCTL押しながら主にBGMを楽しんでます。でも、それでいいのです。女の子モンスターの捕獲エロシーン(2,3クリックで終了)ではやっぱりフラストレーションたまる。


続いて4月初旬に陸自から
竜ちゃん新作発表来たのご存知? つ https://07th-expansion.net/ by 陸自

知らんでした。竜ちゃん、あれだけ好きだ好きだと言いながら全然フォロー出来てないんだから、自分でも駄目だなぁと思います。
いやね。これにはちょっと理由がありまして。
「竜ちゃんフォローしないとな」→「フォローもいいが、それより前に、今プレイしている中に竜ちゃん作品あるだろうが」→「Rewrite」→「Rewriteとは何だったのか」
ここで思考が止まる。


続いて4月上旬
こちらからうちに来たという人は相互リンクして以来4年間、確認できていません。 by まれびと

でしょうねー。


あれ、これレスしたんだっけな、4月末、陸自再び。
ありのままに今起こったことを話すぜ…プレイクラブについて連絡しようとしたら既にレビューが挙がっていた な、何を言ってるのかわからねーと思うがレビュー早くね? 発売日ついこないだじゃろ…あ、あと太陽の子出すってるーすが言ってたらしいよ by 陸自

私だって、たまには本気出すこともある…(キバヤシ)
「太陽の子出すってるーすが言ってた」って、いやいやいや、出すのは当たり前だろうが、いつ出すのかってのが問題だろ
と思ったのですが、これもね、なんだかんだ言いながら、るーすも全然フォロー出来てないのでなんも言えんです。るーす、今年だか去年だかに新作出したでしょ。なんだっけ、「ぼくの一人戦争」。これね、批評空間でほんの軽くだけレビュー見てしまって、なんかもう、あぁ・・・って気分になって、「いつかやるわ」と思い今に至る。
どうも、るーすの中では凡作、全体で見ればいいとこ佳作、私がプレイしたら多分最後まではプレイしきれるけどそれほど楽しめないだろうな、という予想です。

次が5月下旬。
廉也てんて引退後は唐辺葉介って名前で細々小説書いてはるよね…一番最近出たのは『冷たいオゾン』ではなかろうか…。あ、あとそういや永遠のアセリアの新プロジェクト始動したらしいのとかご存知? http://aselia.everlasting-corp.co.jp/ by 陸自

・・・ってまた陸自か!陸自サンクス!!!
えー、なんかねぇ、これもねぇ・・・。このコメント読んで、amazonとかで著作を調べてみましたが・・・。うーん・・・。厳しそうですね・・・。
そしてアセリア新プロジェクトとか今聞いても、FFとかドラクエの過去作移植版出しますって言われるくらいの感想しかないなぁ。要は「メーカーさんも厳しいんだろうなぁ・・・(過去の売れ線に縋る必死さがよく分かります)」という。
・・・と思ったけど、絵師さんが人丸さんでなんか泣けてきた。私これ応援しますわ。(きっちり懐古勢として捕獲された図)
しかもメッセージボイスが大野まりなさんて・・・。これはちょっと別の意味でも泣ける。いや私個人は嬉しいんですけど、それにしたって何歳よっていう・・・・(涙)
しかしこれ、エロゲじゃないんですね。ギャルゲーかー。まぁねー。やむなしな選択ですよねー。パイがねぇ・・・。
まぁ応援します。陸自ありがとです。


そして次!!!7月中旬!!!
これどうしよ!!レス不要ってなってるから、多分晒さないでくれってことなんでしょうけど、でもレスした方がいいですよねこれ!?
極々簡単にかいつまんで説明しますと、インガノックレビューについて、本当に優しくご苦言を下さってます。(数ヶ月前のと同じ御方じゃないかなと思っております。お手数おかけします。)
まず、「『かくえん』じゃなくて『せきえん』ですよー」って、本当に優しくご指摘下さいました。(取り急ぎ直しておきました)
続いて、アティの声が一部棒読みだってプレイ前・後の両レビューで書いたんですが、それは違うぞと。あれは棒読みではなく、ナレーションなので敢えての無感情なんだぞと。そうご指摘をいただきました。これも本当にお優しく。
えっとですね。誠に申し訳ない。今思い返す限り、あそこであの声は私としては無しです。敢えてそういう声にしたとしても。敢えてそうしたとするならば、そう指示した人がダメだと思います。これは、声と感情に対する私の考え方と、コメントを下さった方(&製作スタッフ?)との考え方との違いなのかなと思います。私は、本人にとって感情がざわめいて当然のことについて語っている時に、感情を出すでもなく、あるいは感情を押し殺すでもなく、本当に淡々と読むってのは棒読みだと思うし、わざとやってるならそれはリアリティが無いと思うのですよ。で、実際、他の人があのナレーションをしている時って、感情が漏れている(と感じさせる演技をしていた)のですよね。だからこそ、感情表出が豊かなキャラクターであるはずのアティが、あの場面だけ淡々と話すというのは、相当な違和感であり、もし全員がそうならばまだ納得できたでしょうがそうでもないので、違和感がある上に浮いてもいたと記憶しています。
…などと言いつつも、なにせプレイしてから数年経ってますから、私の記憶違いかも知れないし、そもそも読み込みが足りてないのもあります。
誠実を尽くすならば私ももう一度該当箇所に至るまでを再プレイした上で「やっぱりダメ」と申し上げるべきなのでしょうが、すみませんそれすらしてなくて、にも関わらず「ダメ」とだけ申し上げてしまって。あくまで、読み込みが足りてないと自覚している私が、数年前の朧気な記憶を元に「やっぱダメじゃない?」と申し上げてるだけなので、これをご覧の皆様は、各人でプレイの上ご判断いただければと思います。
それと、話は変わりますが、分かりにくい当サイトのweb拍手機能のせいで混乱させてしまったみたいで、これも、どうも申し訳ないです。ワタワタとしたコメントを拝見して私もほっこり。
どうもね。レビューを直すのは、明らかに間違っていると自覚した時だけにしているので、ご苦言はごもっともですが、レビューはそのままにさせていただきます。私は別に自分のレビューは全て正しいと思っているわけではない(むしろそんなはずがないと確信している)ですが、でも、完全無欠を求めていたらレビューは生涯アップロードなど出来ませんから。
そういえばこないだも、某作品をこき下ろしたレビューアップロードしたらご苦言のコメントをいただきましたね。そりゃそうだと思うし、申し訳ないとも思いますが、それも含めてのサイトだと思ってます。ご容赦下さい。いつかやり直すことがあれば、また加筆修正するかも。


以上ですね。コメントは無いですが拍手単体だけというのも、ありがたいことに未だに時々いただいております。どうもありがとうございます。
それでは、次にランス・クエストをレビュー出来るのを願って、本日はこの辺りで。




2015/6/12
【20年来の謎】

興味深いweb拍手コメントを戴きまして、取り急ぎそれのみご紹介&レスを。

20年来の謎がようやく解けた参考になった

20年って、私がエロゲデビューするより結構前の話なんだけど、一体何の話なんだと思って調べてみたら、分かりました。
この記事だわ
(参考:Filsnown -光と刻-(wikipedia)

1995年にLEAFより発売の美少女RPGゲーム(PC-98対応)!確かにちょうど20年経ってる!!
私がこれをプレイしたのは、2000年発売「猪名川でいこう!!」のWindows移植版ですが、1度挫折したからまともにエンディングまでいったのは2009年の話なんですよね。多分。
こう書くとつい最近のようですね。(感覚とはしては相当昔なんですけど…)
で、ここからが大事なんですが、たった今「エンディングまでいった」って書きましたけど、私が到達したのって、バッドエンドなんですよね・・・!!!
上記リンク先にある攻略ページでも書いてますけど、きちんと道中でフラグ立ててないとラスボス倒してもバッドエンド直行というすごいゲームでして、きちんと道中でフラグ立ててなかった私はコイツにやられて結局まともなエンディングを見ていないという・・・
そんな状態でレビュー書くなって話ですが、そこはそれ、マイナージャンルの強味というか。こういう曖昧な情報でも、そもそも情報量が圧倒的に少ないジャンルでは、何らかの手がかりにはなったりすることもあるわけです。
んで、私は、6年前に書いた20年前のゲームについての攻略記事について、このweb拍手コメントを拝見して初めて「ああ、あの攻略記事に書いたこと、まんざら間違ってもなかったか・・・」とホッと胸を撫で下ろしているという。
牧歌的な話ですね。
反省はしない。

で、レスですが、えっと、どうもわざわざのコメントありがとうございました。熟練の年長者プレイヤー様と推察いたしますが、どういうきっかけがあってFilsnownを再プレイしようと思われたのでしょう。・・・と質問しながら、既に答えは想像がついているんですよね。
なんかね、やっぱり、昔、自分が熱中したゲームって、ふとやり直したくなったりするんですよね。ましてや、青春時代を共に過ごしたゲームとなれば。少なくとも私はそれ。
奇しくも発売20周年にしてようやくクリア出来た(のでしょう)とのこと、おめでとうございます。当サイト記事が僅かでもお役に立てたならとても嬉しいです。上述のとおり私は恥ずかしながらまだまともにクリア出来てないのですが、私もまたやり直したくなりました。もちろん、クリア狙いで。3度目の正直というか。
至って普通の、王道RGPですからね。ちょっとレズいだけで。あとOPかっこいい。
私を始め、渡辺製作所のQOHから入った人も結構多いんじゃないですかね。



当サイト更新にあたっては、エディタとしてez-HTML を使用させていただいております。

何かご用件がございましたら、リンクページ最下部にございますメールフォームをご利用下さい。
なお、当サイト各所にございますweb拍手のコメント機能もご利用いただけます。