戦国ランス(プレイ後用レビュー)

戦国ランス

(2007/08/02 執筆 2011/92/12最終更新)




まず、私がどういうプレイしていたかについて。

現実逃避に戦国ランス買う

ぼんやりと適当に進めてたら大変なことに

ヒーヒー言いながらロードしまくり、鈴女の暗殺に頼りまくりで攻略進める。1つの城(地域じゃないです)落とすのにセーブ&ロードで20分以上かけることも。

80ターンくらいで魔軍連続攻撃。その後の魔軍戦で精根尽き果てギブアップ。部隊は悲惨。板垣長官と伊藤閣下がいた。
(0巡目終わり)

相変わらずパッとしない攻略法で、それでも頑張って攻略。0巡目とあまり変わらない状況のままなんとか魔軍も撃破。正史クリア。嫌というほど思ったのは「名取がいなければクリアできなかった」。もちろん鈴女も大活躍。柚美も大活躍。暗殺失敗したらロードでした。やっぱり板垣長官と伊藤閣下がいた。
(1巡目終わり)

プライドよりもゲームとしての楽しさを選択。戦国ランスwikiに頼りっきり。(有志の方々、どうもありがとうございました。)五十六ルート。40分かけて武田風林火山を撃退。今夜お前を風林火山。この辺りから、ようやく「部隊の兵士数が勝負の決め手」ということをうすらぼんやり理解し始める。軍師の強さも気づき始める。光秀解雇。防御力9の前田慶次、攻撃力8の風丸などを使って「自分って強い」という幻想に浸る。(オロチに挑んで幻想霧散。)リーザス3名召還。板垣長官と伊藤閣下はさすがに不要だということに気づき、伊藤閣下だけにする。家康の強さに感動。やっぱり名取大活躍。
五十六は最後まであまりパッとしなかった。
(2巡目終わり)

謙信ルート。僧兵4部隊に足軽3部隊という、変な編成。ゼス3名召還。何だか知らないけど帝レースは簡単だった。名取の出番なし。やっぱり板垣長官がいる。過去に比べてサクサク終わる。
(3巡目終わり)

猿殺しルート。魔軍が出てこないもんだからということでキャラクリ狙いまくり。最大で巫女5名。発禁堕山が主力メンバーの一人。けれどこの辺りから、ようやくコツを掴む。兵士数も結構多く。万能の偉人卒業。一休卒業。初めて奥州攻略。ビバ妖怪退散。
(4巡目終わり)

蘭ルート。ここでようやく「不要な奴がほとんどいない」状態に。兵数初の3万越え。部隊は西日本中心。種子島の四角にずっと人望の杖持たせてたらドえらいことに。初めて「柚実と同じくらい使える」評価。名取卒業。ようやく「戦国ランスにも慣れた」と実感。けれどやっぱり自力でグナガン倒せない。オロチは名取卒業しちまったため攻略できず。
(5巡目終わり)

全国版。何だかんだで一番贔屓、上杉家プレイ。
特に可もなく不可もなくクリア。同盟結んでればOKというのはいいですな。
(6巡目終わり)

正史2回目、★★。必死で独眼流全員捕獲。武田は流石に無理。ここでようやく念願のアギレダ捕獲。性眼・言裏・ゴエモンなど初使用。終盤は全軍の半分以上が兵数1000以上というどえらいことに。これは確実に色々偉業達成できる!と意気込んでたら風華仲間にするの忘れてたことに気づく。オロチ無理。条件揃わず黄泉平坂も出現せず。ダンジョン関係さっぱり振るわず。
(7巡目終わり)

五十六2回目、難易度標準、目的は武田4将捕獲のみ。独眼流が強すぎる。特にお町はゲームバランス狂うレベル。終盤仲間になった早雲が完全にザコ。お町の素早さを9にして軍師で素早さ付加付けて、2ターン目に魔軍が全滅(大雷撃)した時はさすがに笑った。
武田4将は苦心の末全員捕獲。ようやく馬場と山県の識別がつくようになる。
(8巡目終わり)

正史3回目、★。今度こそ!!今度こそ! オロチとグナガン倒す!と誓い、そのためだけに再プレイ。やっぱこの2匹を倒さないで終わるのは釈然としないですからね。キャラ平均レベル50越え、武田と独眼流におんぶに抱っこの編成でグナガン・オロチ打破。このプレイは実に前回のプレイから半年後の再開だったが、相変わらずの「途中でやめられない」「すごい勢いで時間が消える」「プレイしていてもほとんど疲れないもんだからいつまででもプレイできてしまう」の恐ろしさを再び噛みしめる。これをもってプレイ終了を誓う。とりあえずアンインスコ。もちろん★★★★★はスルー。
(9巡目終わり)


2011年2月、またも再開したくなり再インスコ。セーブデータあてず、また一から。
正史1回目、難易度標準。
初っ端からこれまでの経験をフルに生かしたおかげで割と強い部隊に。西を中心に攻め、譲・言裏・性眼・一休らのキャラクリ達成。87ターンでクリア。3万人超え達成。
その一方、伊藤閣下(!)にマネキン猫装備というお茶目も。リーザスから援軍を呼んだのだが四角を捕虜のまま放置してしまったせいでキャラクリ失敗なのも後悔。
(10巡目終わり)

謙信ルート1回目、難易度標準。
初見で謙信ルートは簡単だという印象があった割には少々手こずった印象。というかレベル1になるんだっけ…。大満足ボーナスためまくってたのが全部レベル上げに消えた…。
(11巡目終わり)

五十六ルート1回目、難易度☆。
ひどい…。本当にひどい…。
サクサク進んだのは進んだ。念願の上杉系仲間にして佐渡まで攻め上ったのは良かった。が、毛利系はちぬ死ぬしどうせ全員捕獲はムリだろうと思って四国を封鎖したのが運の尽き。きくさん捕獲で「これはもしやいけるか?」と思って大決戦まで勝利した辺りで四国封鎖したことを思い出す(元就確保のための龍馬がいない)。ひょっとしてひょっとして武田いける…?と思い、2度目の風林火山で(せっかく捕獲していた卑弥呼を討ち死にで犠牲にしてまで)止め、その後北条家との長い戦争中(途中から伊賀も参戦してきた)に高坂と山県の捕獲を成功させ、残る馬場(すでに北条仕官済)だけだと思ってると蘭がはじけて北条家滅亡。しかも残る唯一の人間の国である伊賀はなぜかその後一度も仕官が起こらない。武田仲間失敗。残る伊達に望みをかけ、こんなこともあろうかと捕虜のまま放置していた風丸と、ゼスからの3人に加えかなみまで呼びつけて伊達攻略開始(裏では北条以来ずっとの魔軍との攻防)。野風、ノワールを確保した辺りでかなみが来たんだけどそのターンにザビエルが攻めてきて強制クリア。ひどい…。





(長かった…)


こういう格好悪い私がこのゲーム語るのも滑稽なのですが、まぁ感想をちょこちょこ。

まずシナリオですが、やっぱり正史が一番好きです。信長兄妹最高。ザビエルも、プレイ時のへチョい自部隊にしてみればまさに脅威で、ラスボス(シリーズものとしての中ボス)としての風格は十分だったかと。アリスソフトの超ダークテキストはこのブランドの空気を引き締めるいい燃料だと思うのですが、正史におけるザビエル一派の無法がそれでしたね。魂縛りもそうですし、そうだ思い出した、0巡目ギブアップした理由は、謙信が殺されたからでした。もう、やりたい放題虐殺し放題。ターンごとに、「捕まえた人間を大量屠殺中…」というのもえぐかったですね。レイラさん強姦とかね。
何より、ラストの戦闘は燃えたなぁ…。音楽カッコ良すぎです。
確かに謙信シナリオも悪くないし、あれはあれで非常に面白いのですが、あれを正史に、というのはやっぱり少々気が抜けすぎな気もするのですね。まぁ好みの分かれるところでしょう。香姫は可哀相でしたが、あの健気さからくるドラマに引き込まれた身としては何も言えません。
蘭ルートは、蘭が気の毒で。ランスがかなり悪者寄りになってしまいますし、そういう意味でシナリオの魅力不足ですね。


続いて、好きなキャラ。
謙信とのファーストコンタクトはかなり面白くて、謙信も好きなのですが、彼女はそれ以外は食べてばっかりでしょう。どこかの騎士王とキャラ被ってるし。というわけで、 一番好きなのは鈴女です。ひょうひょうとして珍妙な言葉遣い、萌えとかじゃないけど好きですね。ににんにん。キャラクリ時の会話には思わずしんみりしてしまいました。続いて戦姫と先述の謙信。戦姫は何だか知らないけど好きですね。クールだからかな。不足しがちな足軽部隊だったのがまたいい。あとは、結構皆好きなのですよね。強いて挙げるなら、柚実(見た目とキャラ)、蘭(可愛い)、阿樹姫(タカビー)、小松(和む)、アギレダ(自分でも何がいいのか不明)、ノワール(口調)ですかね。。


続いて、お世話になったアイテム。
1位:人望の杖。
2位:城の落とし方百選。
3位:割引入隊券
3位:守り神様
といったところですかね。九ピーとか、どれだけ効いてるのか実感しにくいのでこういうランキングには入りにくいんじゃないかなと。ともあれ、1位2位には特に感謝。


そんなとこですかね。



最後に、過去に日記でも紹介しましたが、特に好きなMADの一つ。
[MAD]戦国ランス「Rebirth the edge」(ニコ動)
あー今は年長プレイヤーは※OFF推奨な気がします。



web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  プレイ前用レビュー     攻略     日記過去ログ  
  Top Page