なかない猫(プレイ後用レビュー)

なかない猫 -a cat never meow-


(かなり昔…2004年?頃執筆)

異色のサイコサスペンス・・・ということで、ばったブランド処女作の本作・・・。
ばったが処女作以降完全に沈黙してしまったのは何故でしょうね・・?(涙

けっこう・・・気に入ってます。この作品は。
まず、晴鍋には最初、夢の世界と現実世界の区別が全然つきませんでしたから。
おそらく、それが製作者側の狙いなんでしょうね。
おかげで、義姉のはずのあやねが妹として出てくるわ、出てきたと思ったら翌日は出てこないわ、でだいぶ悩まされました。
バッドエンドばかりいくし(笑
そのおかげで、シナリオもだいぶ興味を持って読めました。
シナリオですが、これは正直、素人に毛の生えたような文章でしたね。
それでも、シナリオを「面白い」と感じたのは、何か光るものがあるからでしょうか?お話の展開がよかったからでしょうか。

けど、この作品で最もよかった・・・買う動機ともなりましたが・・・は、なんといっても、
その、個性的で愛らしいCGでした。
絵描きさん、他の作品もてがけてないかと調べてみましたが、本作だけでした。
これは、非常に残念です。
こんなに、愛くるしくもどこか色っぽい絵をお描きになるのにね。

あと、音楽。これも、最高とはいかないまでも、本作の雰囲気によく合った、
優しく儚いメロディだったと思います。
まず、「なかない猫」がツボです。クラシック調の美しい旋律が素敵です。
主題歌もまぁまぁ。
その他の曲も、好感度高いのが多いですね。

まぁ要は、絵と音楽とが、及第点ギリギリのシナリオをよく盛り上げてたな、と。

シナリオといえば・・・
いや、けっこうグロかったですね。この程度のグロさならOKなんで問題ないんですが、
それでも、いい線いってたと思います。ステキにグロい。(謎
気分じゃない時にバッドのCG回収とかするもんじゃないですね。



web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  プレイ前用レビュー     攻略     日記過去ログ  
  Top Page