優遇接待〜孤島の楽園へようこそ〜(プレイ前用)

優遇接待〜孤島の楽園へようこそ〜

(執筆:2007/01/03)



メーカー
WAFFLE
(廉価版・DL販売にも力を入れている実用中心ブランド。特にスク水フェチ系)



属性
発売時期:2003年5月
ジャンル:合宿場管理人SLG
用途:観賞・実用
舞台:現代の無人島にある合宿場
顕著な属性:スク水・貧乳
プレイのきっかけ:「す…スク水が…。え、何これ。」(プレイ前の期待得点…7点)



テキスト:4
あらすじ:ひょんなことから孤島でおこなわれる水泳部合宿用の合宿場管理人を任された主人公。犯罪を犯すのに絶好のコンディションの中、数々の要因により欲望に身を任せた主人公は、計画的に水泳部を襲い始める。

良いお膳立てだと思います。無邪気に合宿生活を楽しむ美少女達を一人一人襲っていくという王道的シナリオで、物語展開やテキスト自体に見所は特にありませんが、コンセプトにしっかり従った良い仕事ではあります。
主人公は最初はどこにでもいそうな一般人なのですが、あまりにも条件(やグッズ)が揃いすぎた中で段々と欲望が鎌首をあげていく様子に思わずシンクロしてしまいます。



ゲーム性:5
XUSE「股人タクシー」のようにスケジュール表を埋めていく感じです。(個別イベントもありますが)

一日の予定は12分割されており、それぞれで
仕事・(脅迫用)ネタ収集・脅迫・陵辱・休憩
が選べます。(当然、ネタが揃ってないと脅迫や陵辱はできません)
仕事内容はさらに、掃除や洗濯、食事準備や風呂掃除など細かく分かれており、これによって主人公に対する各キャラの信用度が上がります。信用度が低いと良いネタも収集できず脅迫もできません。
また、例えば夕方16時に食事準備以外の行動をしていると信用度が下がったりと、結構リアリティを演出しようとしており面倒ながら好感がもてる作り。
ネタ収集は部員達の恥ずかしい写真を盗撮することでおこない、適切な時間に適切な場所にいかないといけません。これはプレイしながらある程度分かると思います。

で、これら2つをこなしていくことで脅迫→陵辱が可能になるのですが、合宿期間である14日でゲームは終了になるので、できるだけ要領よく立ち回る必要があります。

全体として、なかなかプレイヤーを遊ばせる作りになっていると思います。ネタ収集の時点でその道の人には堪らない"絵"が続出ですし、ただのADVにせずじっくりキャラを攻略させたブランドの心意気が感じられます。
ただしいかんせん面倒なもので、スケジュール表を埋める楽しみはあるのですが、飽きてしまうとそれまでですね。そう長々と遊べるようなものではなく、あくまでADVに色をつけた、という感じです。ゲーム単体として成立しているわけではないです。



実用性:6
スク水属性と貧乳属性、この2つをお持ちでないならスルーが吉です。
持っているのなら、かなり興奮します。興奮はするのですが、実用的かというと、首を傾げざるを得ない。というのは、例えば盗撮や水着だけで十分実用可だという猛者にはバイブルになるのでしょうが、私のような未熟者はどうしても各種本番シーンを期待してしまいます。で、その各種本番シーンが非常に味気ないのです。尺はやや短めか標準レベルなのですが、内容が薄い。クンニで終わり、自慰観察で終わり、フェラで終わりなどなど。本番シーンは全体の4分の1くらいでしょうか。ついでに言うと、最後まで無理やりです。キャラが快楽に堕ちたりしません。最後まで嫌がられます。調教要素0ですね。また強姦属性にも乏しいかと。嫌がられはするのですが、非常に生ぬるい。例えるなら、体育の授業でしごかれている程度の嫌がり度です。性犯罪を受けているとは思えない。まぁ泣き叫んだりしないのでいいといえばいいのでしょうが。
つまり、あくまで重度のスク水フェチ仕様なのですね。(あと体操服姿も結構多い)
というわけで、実用に関しての満足度は人を選びますね。

ただ、先述したとおり、スク水フェチにはバイブルになりえます。もう、てんこ盛り。CGにもよりますが、ズームアップ機能で非常に美麗なCGを心ゆくまで観賞可。さらにスケスケモードでスク水を透過して裸体観賞もできます。Hシーンも最後まで着衣状態でおこなわれるので安心です。



音楽:4
13曲。無難な仕上がり。

ボーカル曲:無



キャラ:4
 主人公:名前変更不可,前半は普通の青年、後半は立派なスク水フェチ犯罪者
 末利:お兄ちゃんに密かに想いを寄せてる気立ての良い少女
 汐里:元気いっぱいのツインテールっ娘
 美乃:渚のことが大好きな寡黙クール少女
 渚:水泳部引率の若い先生。彼氏有。
全員貧乳です。先生は競泳水着着ます。

キャラ萌えは厳しいですね。3人に想い人ありなのがポイント(1人はレズですが)。完全に寝取りです。しかも体だけ。



声:女
女性フルボイス。何の違和感もなかったです。よく出来た炉利っ子達ですね。



時間:4
現在では2000円の廉価ながら、それなりに楽しめます。



雑記
システム周りはまぁ標準装備。スケジュール表などが見やすくてよかったですね。

演出としては、なんといってもスク水ズームアップとスケスケ機能でしょう。立ち絵んまで色々用意してあり、例えばスク水の上から上半身だけ体操服着用など、その徹底したスク水仕様が素敵。あと、スク水辞典なるものも搭載されており、何の役にも立たない情報満載です。ゲーム中にいつでも確認できるので、にわかスク水ファンでも安心ですね。

そして、やはり特筆すべきはそのCG。ズームアップしてても非常に美麗。ここで語るより体験版でもやってご覧になってはいかがかと。


最後に、私がパワーアップ版である「優遇接待♯〜孤島と6人のスク水っ娘たち〜」ではなく本作を選んだ理由を。
パワーアップ版の改良点として、
・新キャラが2人増えた(関西弁巨乳キャラと子悪魔炉利) →どっちも要らん
・絵師が変わった →前の方が好み
・ボリュームアップ。純愛ルート追加 →要らん
・スク水辞典強化 →要らん
・値段アップ(3500円)
そりゃ無印買うわって話です。
まぁこの辺は公式サイトでご比較下さい。意味不明なデモ(?)ムービーもあって面白いですよ。



お勧め度:6
2000円です。スク水好きなら、一度は観賞しておきましょう。業界最高峰。職人芸です。観賞ゲーだと割り切れば非常にお買い得です。実用も、期待しなければウハウハです。それなりに使えます。ゲームもそれなりに楽しいし、お買い得と言って問題ないかと思います。




気に入り度:5
ゲーム自体は気に入っております。魂の作品といえそうですし、魂のCGを魅せるお膳立ても上手い。SLGにしたのも好感が持てます。WAFFLEさんの企画さんがこういう演出に手を抜かない方のようで。
ただ、肝心の実用シーンで不満を覚えてしまったので5点とさせていただきます。やっぱり、この作品の一番の売りはCG観賞かも知れないけど、プレイヤーが求めるのは実用性だと思うので。今のままではマニア向け・職人技としては上出来でも大ヒットは厳しいですね。まさに画竜点睛を欠く。あと一歩だ、頑張れWAFFLE!








  戻る  
  基本概要     レビュー(プレイ後)     攻略     リンク  
  HOME