雫(プレイ前用)

(2005/03/21執筆 2008/05/20加筆修正)

メーカー
LEAF
(大御所、出すソフトにほぼハズレ無しブランドです。この雫が出世作1作目。)



属性
VN(visual Novel),物語,学園SF物,電波



テキスト:8
あらすじ:同じクラスの委員長が授業中突然狂ってしまう。薬物?ノイローゼ?背後に、他者の存在が浮かび上がる。主人公の高校生は、同じ高校の教師をしている叔父さんに事件調査を依頼され、主人公は深夜の学校に向かうのだった。

エロゲー業界にADVの新風を起こした起爆剤的作品。1996年発売と非常に古い作品であり、テキスト自体もこう言ってはなんですが垢抜けてない、古臭さ・青臭さを感じさせるものです。
しかし、私がエロゲー歴1年弱の駆け出しの時、この作品をプレイしていなければ私のエロゲーとの付き合いは全く違ったものになっていたと思います。
恐らく、以下の点が、当時の私に大きな感動を与えたのだと思います。

・「狂気」というものを新たな視点で描くことで、人間の認識について考えさせる点
・「狂気」という、全年齢(少年誌等)では少々扱い辛いテーマを普通に扱っている点
・18禁ならではの、情け容赦の一切無いBAD ENDの数々

つまり、元祖「(エロいとかじゃなくて)"大人向けの""制約のない"物語」なんですね。
18禁というのは一見制限有りなイメージですが、入ってくる者を制限することで、表現を無制限にしたという点がすごいんじゃないですかね。
どれも、今にしてみれば当たり前のような感じですが、それも先駆者あってのものです。

で、本編の出来について、ですが。
つい最近、久々に再プレイをしまして。そこから得られた感想。

まずテキストですが、先述の通り未熟な感じもします。しかしこの辺は、一貫して高校生の主人公視点なので、適切と言えば適切。
描かれているものも、古今の名作エロゲーをプレイしていると"陳腐"で"中身の薄いもの"に感じてしまうでしょう。あまり多くを語っていないので、能動的にプレイヤーが(スキップできないエンディング画面など眺めながら)色々考えることで考えをまとめる必要があるかも。
けれど、やはり、エンターテイメントとしては非常に良く出来ている。どうも、上述したようなところばかり持ち上げられている印象ですが、下地がしっかりしているんですね。
ネタバレ回避のため詳しくは書きませんが、普通に「面白い」ですよ。
事件の謎を解明するため、女の子と2人で夜の校舎に潜入。チャラい感じは一切無く、間違った選択肢を選んだプレイヤーへの手心も一切ありません。

生きるか死ぬかのドキドキを味わって下さい。



ゲーム性:4
「選択肢を間違うと即死」形式、の元祖…なのかも知れません。
そしてその即死描写があまりにも衝撃的で、それが話題を呼んだ一因でもありました。
「はさみエンド」「トースターエンド」は強烈です。当分忘れないでしょう。
一度で即死無しにエンドすることはまずないでしょうが、即死したらその後にヒントコーナーがあるので、良い味を出しつつプレイヤー助かる、といういい出来です。



実用性:4
エロいです。
屈辱かも知れませんが、水無月絵を前に本当にズボンにテント張ってしまうレベル。

まず、Hシーンの文章が読みやすい。音声・SE一切無しの代わりに、擬音が実にうまく 使われており、それが生々しさを引き立てます。
さらに、シーンの状況。愛のあるHもあれば、真性の強姦もあり。AV等の強姦のように粗野ではなく、陵辱色よりも悲哀色の強い、良いHシーンです。
悔しい、けど感じちゃう。



音楽:8
今はKeyに移ってしまった折戸氏をはじめ、作曲陣は結構すごい気がします。
だからなのか、音楽は非常にいいです。ボーカル曲なんぞは当然のごとくございませんが、それでも十分に8点を出せる楽曲です。聴いて損無し!
今聴くとやはり古さを感じはしますが、それでも、当時お気に入りだった曲数曲は、色褪せず名曲のままでした。



キャラ:7
主人公:名前変更不可,陰気で目立たないタイプの一高校生。

    (この設定自体結構珍しいです)
ヒロイン:学年一の美少女、しかし不思議な雰囲気。
ヒロイン:明るく元気なバレーボール部員。
ヒロイン:主人公のクラスの委員長の親友。おとなしく引っ込み思案な眼鏡っ子。  

元祖元気系、けど実は… なギャップが可愛い。少年の夢をそのまま具現化したような、良い美少女です。
真ヒロインである不思議系は、これまた実に味があってよいです。名言出てます。
眼鏡っ子は眼鏡っ子なだけです。



声:無
リニューアル版では声ありなんですけどね。
デモで聴いたけどなかなか悪くなかったです。配役に合った声かと。

それはともかく、今回は声無しです。声無しで十分楽しめます。



時間:4
短いです。強く不満を覚えるほど短くはないと思われますが、まぁ長くはないですね。この短さは昔の作品っぽいです。
エンドがちょっと多いので、 BAD ENDまで全部回収しようとすると大変です。時間ない方は主要なエンドだけ押さえておけばいいのでは。



雑記
システムは…もう、最低限のみだと心得ましょう。オートプレイもマウスホイールも当然非対応。
セーブ箇所は実質1つです。シーン回想などありません。既読文スキップはあります。

それでも、リニューアル版よりこちらを推します。



お勧め度:5
いい加減古くなりましたし、昨今のエロゲーマーにいまさら勧めるようなものではないと思います。教養だと思って一度やってみるという気概のある方には、プレイなさることを歓迎します。それ以外の方には敢えて勧めもしません。
それなりに楽しめるとは思いますけどね。
これまではエロゲーの古典だと思ってましたが、ちょっと違ってたかも。間違いなく当時のエロゲー業界を一変させた作品の一つなのですが、現在でも「最高傑作のひとつ」として通用するかと言われると、さすがにちょっと厳しいものがある。
とは言え、私の中では冷静に考えても本作こそが狂気を扱ったエロゲーの代表だと思います。シナリオも面白いしキャラも可愛い。かなり変則的ではありますが。
音楽はなかなか聴かせますし、魅力はやはり健在だと思います。




気に入り度:8
エロゲー、すなわち18禁ゲーム業界という、一見、未発達の閉じられた世界。
しかし、そこに無限の可能性を感じてしまった。
嘘偽りの無い、この作品をプレイしての当時の私の感想です。
詳しくはプレイ後レビューで。





web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  攻略     プレイ後用レビュー     日記過去ログ  
  Top Page