魔王と踊れ! Legend of Lord of Lords(プレイ前用)

魔王と踊れ! Legend of Lord of Lords


(執筆:2005/07/05)

メーカー
CATWALK
(この作品が処女作なブランド。Visual Arts一派ですね)



属性
RPG,ゲーム,ファンタジー



テキスト:3
優しさだけがとりえのぼんやりとした鍛冶屋見習いの青年である主人公の元に、ある夜女暗殺者が訪れる。彼女曰く、主人公は遥か昔に封印された魔王であると。主人公は、女暗殺者に脅され渋々魔王覚醒のための旅に出るのであった。

・・・と、こう書くとなんだか結構笑えるような気が・・・。まぁ笑えてどうするって話ですが。
その後ダンジョンでモンスターに襲われている修道女を助け、その娘には救世主様と呼ばれるようになって板ばさみとなるのですが・・・
いかんせん、確かに先の読め読めな展開ではありませんが、決して面白くもないです。
書き口の端々に漂う、オタク臭というか素人臭さというか、もっとはっきり言うと、ティーンズライトノベルくずれっていうか・・・。
時としていたたまれなくなります。

展開やキャラ設定等は企画段階でそれなりに練られたようですが、ライターはアウツだと思います。



ゲーム性:5
主人公達3人が各章1つのダンジョンの中を延々進みます。入り組んではいませんがかなり深いダンジョンです。
で、出てきた敵と戦うのですが、戦い方はRPGというより戦術SLG形式でしょう。ターンごとに移動&攻撃等をしていく感じ。
ダンジョンが結構長いので、そう覚悟してないと嫌になります。
さらに、敵との戦闘を避けることは基本的に不可能なので、その辺もわきまえてないと嫌になります。
この2点押さえておけば、まぁ・・・18禁ゲーとしては、ギリギリ及第点というところでしょうか。
特殊技能というか、追加スキルを自分の思い通りに操作できるのは評価大です。あれで結構戦略も変わると思います。



実用性:6
意外や意外、こちらの方は結構しっかり作りこまれておりました。
各章の終わりごとに、ヒロイン2名のどちらかを選んでHシーンがあるのですが(その他のHシーンはおまけの域を越えません)、これがまぁまぁのボリュームとまぁまぁのCG量とまぁまぁの音声。
絵見てOKなら悪くないはずです。毎回シチュエーション変わりますし。




音楽:6
うん、がんばって作っているのはわかる。良い出来なのだと思います。
OP曲なんぞ、メロディいい感じですよ。かなり引き込まれる感じ。戦闘シーンの曲も 好きですね。
ただ、軽い作風に感化されて、どうも曲も軽いイメージが・・・。
音楽だけなら6〜7点ですが、ゲーム中での印象は5点かも。



キャラ:7
 主人公:名前変更不可,優しくぼけっとしてて柔和な感じ。
     間延びしすぎてて、この性格を好きになる人は少ないと思います。
 女暗殺者:暗殺っぽいシーンも背景も一回も出てこなかったんですけどね。
      魔王様に忠誠を誓っている。しおらしい。けど普段はサバサバした姉御タイプ。
 修道女:絵から想像されるキャラそのままの、「良い娘」。主人公を「救世主様」と慕って
     着いてくる。

主人公はまぁ一言で言うとだめですね。時に語ること無し。
女暗殺者、普通です。
けど7点。
どうもね・・・。ベタベタなんですけどね・・・。修道女のフィリアが気に入ってしまいまして。。
結構かわいいです。単純な人、オススメ。



声:女
どうも、上述のフィリア気に入りの大きな要因を果たしているのが、声優さんにありかと。
田中美智さんなる方、私はFirstContactだと思ったら、遥か昔にめいKing(サンドラ)で出会ってました。ウソォ!って感じです。キャラも声も全然違うやん!しかし声の色っぽさは変わらず・・・。しかもベテランなんですね。かなりの作品に出ている模様
まぁ、この人がフィリアにハマリ声だったため、非常にいい感じでした。
もう片方の女暗殺者の方は、演技はいいのですが声に少し歳を感じました。途中から慣れましたけどね。こういうキャラと声なのだろうと。
珍しく声について語ってしまった・・・。



時間:6
だいた15時間くらいで1巡クリアできるでしょうか。
エンディングは3つです。
繰り返しプレイ時には、全てのアイテムを所持できますので若干楽ですが、手間であることには変わりありません。
まぁ、お時間おありならどうぞと。。



雑記
システムですが、「本格RPG」でありながらHシーン回想システムにも余念がないのはさすがですね。まぁ特に問題はなかったです。欲しそうなものはだいたいついてます。

しかしなんといっても、演出が子供っぽいですねぇ。オープニングなど、目に余ります。



お勧め度:4
ダンジョンの冗長さが・・・。色々と工夫は見られてそれは好印象なのですが、「面白い!」とうなるにはどうも何か足りないです。
「本格RPG」「本当に楽しめるRPG」とパッケージに書いているのなら、それに見合うだけの内容が欲しかったですね。「意外と楽しめるかも知れないRPG」とか書かれていれば、「確かに!」と思うのでしょうが。
ゲーム△、テキスト×、実用○と、トータルすれば△くらいになりそうですが、ゲームがメインなので4点です。




気に入り度:4
全体的に漂うオタク臭さ(まだ言う)が嫌でした。ゲームとしてもそれほど楽しめたわけでもなく。というか何だかダンジョン攻略中は多大な時間を無駄にしている気がしました。
とはいえ、Hシーンはなかなかよかったし、フィリアの声はかなりよかった(まだ言う)ので、そうそう無碍にもできないのですが・・・。
やはり5点は高いです。4点!





web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  攻略     プレイ後用レビュー     日記過去ログ  
  Top Page