LOVE☆でゅーす!〜姉×お嬢様の誘惑テニス合宿〜(プレイ前用)

LOVE☆でゅーす!〜姉×お嬢様の誘惑テニス合宿〜

(執筆:2006/05/04)



メーカー
lilith
(2000円程度の良質廉価作品量産ブランド。「姉☆孕みっくす」などが有名。)



属性
ジャンル:ADV
用途:実用
舞台:現代の高校
顕著な属性:お嬢様



テキスト:3
あらすじ:元有名テニスプレイヤーの主人公。
     重度のブラコンである姉の紹介で女子校の体育講師に就任するが、
     その日のうちに学園一番の権力者の娘に見初められてしまう。
     主人公はその超お嬢様の専属コーチとなるが、弟を取られまいと
     姉も参入してきて・・・

一応ストーリーもちゃんと作ってますし、笑いを入れようとの努力も見られます。
さほど面白くないですが。

この作品の売りとして、「三角関係で主人公取り合い」という要素があります。そういうの好きな方には、なかなか楽しめるかも知れません。



ゲーム性:2
2択の選択肢を選ぶ典型的な形式。いつものlilith。
無駄に少し難易度が高いのが、どうかと思われます。



実用性:6
フェラシーンが多いです。全部で7シーンだったかな。本番シーンが12シーン。しかも全て中出し。溢れまくってます。パイズリが1,2シーン。あと、珍しい足こきシーンも1シーン。
特徴的な点として、お嬢様、色々やってるうちによくパンツに染み作る点でしょうか。
終盤はlilithお得意の怒涛のハーレム。2人で色々やってます。
とはいえ、基本的にはオーソドックスなからみです。道具を使用したりなどそういうのは一切無し。服装は、何て名前でしたっけ、テニス着。あれと制服くらいでしょうか、特徴的なのは。
フェラが多いわりに、特にお嬢様のその手の音声がイマイチで、CGも物足りないものでした。「先っぽだけかよ」みたいな。(テキスト描写ではそうでもないのですが)
というわけで、実用ゲームとしてはギリギリ及第点の6点。
うちのサイト見ていただければ分かりますが、純愛系でも6点ついたりするので、実用系で6点なんて少しどうかという感じです。どうしたlilith。



音楽:3
BGMに徹してます。

ボーカル曲:無し



キャラ:2
 主人公:名前変更不可,元テニス選手。標準的な性格。
 姉:重度のブラコン。巨乳眼鏡。一応教師。
 お嬢:典型的なお嬢様。「ですわ!」「ですことよ!」みたいな。

異例の、キャラ2点です。初めてこの項目で低得点付けられて私としても嬉しいです。

残念なのが、「ツンデレ」ではないという点。
ほぼ最初からお嬢様、主人公に惚れてます。このゲームはあくまで「お嬢様ゲー」でって「ツンデレゲー」ではないです。
ちょっと難解な違いかも知れませんが、
「あ・・・あんたのためじゃないんからねっ!」 がツンデレ。
「そ・・・そうおっしゃるなら仕方ないですわね!」 がお嬢様。
ここのお嬢様は気位は高いものの基本的にデレです。
これがなかなか難しいところで、お嬢様のデレって、お嬢様要素の魅力がある意味半減だと思います。
多少Sっ気がある方が、お嬢様見てても楽しいです。
(単体でも楽しい、それを屈服させる系でも楽しい)
この作品のように最初からデレなお嬢様は、ちょっといただけません。

あと、この作品のもう一人のヒロイン、眼鏡かけたブラコン巨乳姉の言動が気に入る方 はおそらくかなりの少数派だと思われます。



声:女
女性フルボイス。
どちらも、違和感なく聞くことができました。



時間:3
廉価が売りのlilithですから、これは仕方ないですね。実用シーンは多かったので全体の分量など短いに越したことはないでしょう。



雑記
システムは、何回使いまわしてんねんっていうlilithのあれ。
目だった演出として、タイトル画面で「Gallary」だの「シーン回想」だの選ぶたびに「み…見てはいけませんわっ!」とか叱られるのが面白かったです。(他にもバリエーション色々と)



お勧め度:5
先述のとおり、どうもキャラ立てで失敗している気がします。
けれどそういうのが好きって人もいるでしょうし、そういう人にはお勧め。
結構楽しめると思います。
何はともあれ廉価ですので、興味湧いたなら一度試してみるのもありではないでしょうか。




気に入り度:4
これまでプレイしたlilith作品の中ではかなり下の方に入りました。
姉とのHは無くてもいいし、お嬢様目当てで購入したものの、ちょっと期待はずれでした。




web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  攻略     プレイ後用レビュー     日記過去ログ  
  Top Page