恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜(プレイ前用)

恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜

(執筆:2010/02/14)



メーカー

BaseSon
(例の騒ぎがあった時のソフ倫理事Nextonの一ブランドで(ごにょごにょ))



属性

発売時期:2007年1月
ジャンル:ADV
用途:実用、キャラ萌え
舞台:仮想なんちゃって三国志ワールド
顕著な属性:フェラ
プレイのきっかけ:三国志ファンなので、ネタとして。(プレイ前の期待得点…6点)
プレイ進捗状況:2巡クリア。3巡目序盤で放置



テキスト:3

あらすじ:普通の学園生だった主人公はある日突然仮想三国志ワールドに飛ばされ、劉備玄徳的ポジションになって関羽・張飛・諸葛孔明らとともに天下統一を図る。


↑…何を言っているのか分からないと思うんですが、本当にこういうシナリオでしかないのだからご勘弁いただきたいです。

まず一言、三国志ファンは「キャラ名だけ三国志な、三国志とは全くの別物シナリオ,別物世界」という認識を強く持ってプレイされることをお勧めします。
ていうかいくらなんでもこれはない気がする。せめて入蜀くらいしてからシナリオ進ませろよと言いたい。最初から最後まで本拠地普通に河北のどこかでしたからね、確か。もちろん時代考証とかそういうのもナンセンスなのでお控え下さい。どうせご都合ワールドなのですから。

で、シナリオの方も、一応ファンタジー色もあって黒幕とかもいたりもするのですが、どうにもこうにも、三流ラノベ以外の何物でもないし、はっきり言って全く見る価値はないです。そういうゲームではないということ。



ゲーム性:4

途中で合戦パートがあって、大将と軍師を選び、陣形を操り、攻撃方法を選択して合戦します。これも、面白いか面白くないかと言われれば面白くないです。最初のうちこそ目新しさがあるものの、敵は無駄に兵数多くてすぐに作業になるし、緊迫感も高揚感も感じられないしで、ひどい有様でした。
評価できるのは難易度が押さえられていた点と2巡目以降はスキップできた点ですね。



実用性:7

ライターがバッジョな時点でお分かりな方はお分かりでしょうが、結構フェラゲーです。フェラ以外のシーンももちろん多分にございますが、フェラでの尺が長いし淫音もかなり入っているし、結構エロいです。本作の主砲と言えよう。

なお、シーン内容はほぼ100%主人公との和姦ですので、陵辱が苦手な人も安心。ハーレムをお楽しみ下さい。あと、レズシーンもあるのでお好きな方は。

お時間おありの方は、公式サイトの「武将列伝」をご参照下さい。主に「バッジョ列伝」。これは参考になるぞ!!!



音楽:5

BGMは特に印象に残ってませんね。片霧烈火さんが歌うOP曲が結構人気な模様です。

ボーカル曲:3曲



キャラ:5

主人公:カズト(名前変更不可),オーソドックスなおとぼけ&熱血系主人公。

あとは公式サイト見て下さい。大量にいるので。
一応、メインヒロインは関羽・張飛・孔明の3名です。彼女らにはエンドが与えられています。それ以外は全部脇役ですが、特に蜀軍の趙雲、黄忠、馬超辺りはシーン数も優遇されています。
だいたい全てのキャラにシーンがありますので、安心ですね。
…すみませんシーンの話じゃなかったな…。キャラは… まぁ、正直普通でした。ていうかこれ萌えキャラか?どうもパンチ不足な気が。とは言え、キャラ萌えしないと始まらない作品です。



声:男女

主要キャラは男女フルボイスでした。
そして声優陣(特に男)がかなり豪華、だそうです。私にはよく分からないのですが。
女性陣も、エロゲ業界中から有名どころかき集めてきましたー!って感じで、すごいです。



時間:5

かなりボリュームあるように感じましたね。



その他

システム:まぁ普通です。設定をもう少し細かくいじれたら良かったのになと思います。
演出:結構、一騎打ちのシーンが多いです。つまり、ヒロイン達が吠えまくります。あの手の熱い叫びがお好きな方にはいいのでしょうね。私は苦手…。



お勧め度:5

キャラ萌えできればいいでしょうね。
あと和姦フェラ好きなら言う事無しかと。
逆に、たるいシナリオ展開とかに耐性ないとかなり辛いです。




気に入り度:4

かなり辛かったです。一応惰性で読んでましたが、フェラシーン以外は基本的に惰性でしたね。
結局フェラシーンもそれほど開放することなく我慢の限界がきて売り払ってしまったのは、今思えば少し勿体無いことをしたかも…。

…とまぁ、ここまで苦言ばかり書いてきましたが、本作が売れたことによって「真・恋姫†無双」が発売され、それのヒットによってアニメ化が実現し、それによって我らが女神たるエロゲ声優さん達が地上波で(深夜アニメとはいえ)普通に声優さんとして活躍できたというのは、それだけで嬉しい出来事だったと思うのですよ。中には、「夢がかなった」という人もいるんじゃないでしょうか。
そういうこと考えると、初回版をメーカー購入しちまった私も、まぁ良かったかなぁと思わないでもないです。

web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  攻略     プレイ後用レビュー     日記過去ログ  
  Top Page