あなたの知らない看護婦 ?性的病棟24時?(プレイ前用)

あなたの知らない看護婦 ?性的病棟24時?

(執筆:2007/08/29 09/10一部加筆)



メーカー
G.J?
(看板絵師を抱えるテック系ブランドの一つ。)



属性
発売時期:2007年8月
ジャンル:ADV
用途:実用・観賞
舞台:現代の病院内
顕著な属性:アニメーション・看護婦・眼鏡・肉感的CG・アナルセックス
プレイのきっかけ:8月25日に店の中にあった作品どれか一つ買って帰ることになり、前情報0で選択。「おっぱいバカ」「触区」とエントリーが上がったけど、「おっぱいバカ」→A?Dカップは要らない、「触区」→CGは好みだけど発売から日が経ってる、本作→脚フェチの私を喜ばしそうな稀有な作品っぽい、さらに新作 ということであまり期待せず選択。(プレイ前の期待得点…6点)



テキスト:4
あらすじ:気がついたら病院のベッドに寝ていた主人公。記憶も混乱している。しばらく検査入院することに。
やがて、携帯に送られてくる謎のメールに煽られ、欲望のまま行動し始める。

ちょっとしたサプライズがあったり背景が段々と見えてきたりと、シナリオ面も死んじゃいません。ただ、先を読み進めたくなるといったテキスト単体としての牽引力は無かったかなと。実用ゲーですしね。
実用ゲーというだけあって粗も目立ちます(気にはなりませんが)し、まぁ邪魔にもならず、短すぎでもない程度の程よいテキストではないかなと。



ゲーム性:4
ADVでの選択肢で上下する欲望パラメーターが一つあり、そのパラメータと数回ある行動場所選択によってエンドが決まるという方式。
このシステムは、ADVパートのみで全て終わっていくほとんどの実用ゲーに比べゲームにメリハリがついて悪くないと思います。
が。
このシステム採用の弊害か、共通パートが長すぎ。全シーンの8割以上。よって、自力攻略をしようとすると結構厄介ですね。うちのサイトでも簡易攻略記事載せてますが、自力攻略に情熱を感じない諸兄には、攻略サイト様利用推奨です。



実用性:7
まずは概要を。
まず、全キャラ眼鏡の着用・非着用を常時選択可能。
見所はやはり、扇情的で肉感的なCGでしょう。さらに、シーンのいくつかで、テックアーツお家芸のアニメーションないし局部カットインアニメーションが見られます。アニメーションは、発射前・発射中・発射後の3タイプ有り。(発射直前に微妙にアニメーション速度が変わるような…気のせいかも知れません。)
具体的な内容は、オーソドックスな内容ばかりです。合体シーンがほとんどで、それらの一部は後ろで合体してます。バイブ等もよく使ってるかな。前後両方に。口や胸・複数というのも何シーンかずつありますが、そう多くはないです。
和か強か、いずれの姦かというと、なんともいいにくいです。純粋な和・強はあまりありません。どちらかというと強なんだけどあまり嫌がらない、しっかり感じているといった、…すみません普通のエロゲHシーンですね。

…とまぁ、当たり障りのないコメントはここまで。以下、主観交えてより細かく語ります。

まず、私にとってはせいぜい6点(数回は使えるか、程度)止まり。
評価できる点は、アニメーション・CGの2点。まずアニメーションですが、確かに合体アニメーションとしては良いと思います。特に発射中を丁寧に作られているのがGood。単に汁が出るだけでなく、表情が変わったりするのがいいですね。これこそアニメーションならではの要素でしょう。続いてCGですが、フェラ好き・パンスト好きの私としては、口描写(唇・歯)が極めて丁寧でリアル・美麗なのを評価したい。さらに、(エロゲーには珍しく)ストッキング描写が非常に多いことも最大限評価したい。脚フェチ心を満足させたかというとそうでもないのですが。ちなみに、私の脚フェチ心を満足させた作品はエロゲーでは1作だけです。開眼したのもその1作なのですが。Animの「新人看護婦・美帆?十九歳の屈辱日記?」という古いゲームです。要は売りの問題で、本作では「脚"も"綺麗」なだけで脚フェチゲーでも何でもないので、当然ですね。
続いて、評価できない点。
まずアニメーションですが、やはりIllusionのインタラクティブHを体験してしまうと、それぞれのペースで連動するアニメーションと音声とのズレに違和感を感じます。合体シーンではそれほどでもないですが、口好きの私としてはフェラシーンで違和感。紙芝居の方が使えるという驚きの事実。やっぱり差分って素晴らしい。
さらに、シーン内容。私、純粋なノーマルH、アナルHにはほとんど魅力感じないのです。ヒロインの心境やら反応やらシチュエーションやらと相合わさって初めて興奮するタイプ。ノーマルHはまだいいですが、アナル属性はかなり平均値下回るでしょうね。よって、本作、私には似たようなシーン続きに思えました。内容は確かに、イチモツ使ってたりバイブ使ってたり他の患者に気づかれないようにしていたりと色々ありますが、ヒロイン達の反応は結構どれも似たり寄ったりなので(ヒロイン間でもヒロイン内でも)、少々退屈でした。
何より、過激なものを期待するとがっかりします。全然ありません。せいぜい浣腸による脱糞(モザイク有,水っぽくて汚い感じ微)と母乳(量小)くらいですか。
顕著な属性といえば、1シーンのみ寝取られ(←文字反転。シナリオ系の属性)があるくらいですね。



音楽:5
なぜか初期設定で、高音質設定が可能になります。実用ゲーなのに。
ためしに設定してみたところ、なるほど確かに音質がいい気が。耳音痴なのでよく分かりませんが。
で、曲自体ですが、全11曲。目立たないBGMとしては上々だったのではないでしょうか。

ボーカル曲:無



キャラ:4
 主人公:名前変更可,普通の青年。欲望に従い動く時とそうでない時で、性格の落差が激しい。
 天音:メインヒロイン。典型的天使系ナース。
    ドジなところもあるけど誠心誠意頑張ろうというタイプ。眼鏡が似合わない。
 玲:メインヒロイン。典型的悪魔系ナース。巨乳。眼鏡がよく似合う。
 菜々:サブヒロイン。元気系炉利。ただし看護大学卒。
 ちとせ:サブヒロイン。爆乳。おっとりとした婦長。

これ以上特に語ることはありません。



声:女
女性フルボイス。
あえぎ声は上々なのではないでしょうか。日常会話も、全く違和感や演技の不自然さを感じませんでした。フェラ音声については、個人差がありますね。玲さんにもうちょっとご奮闘願いたかった。これは声優さんの問題というより、ライターが口性癖無いだけでしょう。



時間:3
シーン単体ではそれぞれ結構な量ありますが、シーン数はフルプライスとしては少ないです。せいぜいミドルプライス(定価6800円)クラスの量。アニメーションを入れた副作用でしょう。
さらに共通パートが長い分、ゲーム自体のボリュームもかなり小粒に感じます。まぁ大事なのは実用面の長さと思うので、実用ゲーとしてはやや短めだけど短すぎではない3点とさせていただきます。



雑記
システムはほぼ文句なしですが、選択肢でバックログが出来なかったのがやや残念。選択肢にて自動マウス移動機能有りですが、気遣いなのでしょうが移動位置が選択肢の僅かに左側なのですね。よって、2択のどちらを選択するにしろ結局マウス動かさないといけない。これは余計な気遣いではないかと感じました。ただ、プログラムが最前面に出てなくても自動でスキップしてくれ選択肢になるとマウスが動くので、ネットサーフィンしながらの攻略が円滑にできて良かったです。
演出としては、ナース達の逆カルテ、調教度合いを見るカルテというものがあり、いつでも閲覧できますが、本当に閲覧するだけ、それ以上でも以下でもない。その存在意義を疑う、おまけ要素も甚だしい一品でした。

何といっても、絵の綺麗さが最大のセールスポイントでしょうね。佐野俊英の名前は伊達じゃない。



お勧め度:6
変に過激なものを期待しない限り、はずれは無いと思ってよいでしょう。安心できる手堅い実用ゲーです。CGも美麗で扇情的ですが、アニメーションもまたなかなか良い仕事しています。もうちょっと言うと、「俺は、奇をてらわない、オーソドックスなプレイこそが好きなんだっ!!」という方にこそお勧め。若干ダーク寄りなので和姦目当てで買うのは避けるべきでしょうが、ヒロイン達も適度に感じて適度にぐちょぐちょになってくれますし、あまり過激なのは良心が痛むという、軽んじられる風潮があるけどやっぱり大事なピュアでナイーブな心をお持ちの方にお勧め。(あ、もちろんそのピュアな心が若干欲望に負け気味なくらいがちょうどいいです)

嗜好・性癖面からお話ししますと、看護婦好き・眼鏡好きはもちろん、「過激なばかりで質の安定しない、色々な意味でハラハラする作品ばかりプレイしていて、最近若干食傷気味…」という各種変態属性持ちの猛者諸兄、原点回帰ではないですが一度どうでしょう。





気に入り度:4
何だかんだ言って、良くも悪くも驚くほどフェチ心の薄い作品だと思います。
フルプライスならではの満足感が得られませんでした。あと、私のような過激スキーなド変態には物足りないシーン内容でした。
期待していた2要因はパンストとフェラですが、
パンスト… 綺麗だけどメインじゃない上にフェチ心のないテキストなので興奮せず
フェラ… CG差分が、音と映像に矛盾のあるアニメーションに食われて撃沈
と、双方不満足。
「分かってねぇ…。 製作者、全然分かってねぇ…!」
パンストはね。その独特の光沢、生地の素足への密着感、素足の柔かさの入り混じった絶妙な質感、そういう単体の良さもさることながら、体全体の中で最も柔かさとしなやかさ/お尻と絶対領域という2要素2パーツを兼ねそろえた、フェチ心の結晶とも言える部分です。それを生かすには、局所的な部分ではなくむしろボディ全体の中の一部として慎ましやかに、それでいて大胆なアングルで描くのが最も綺麗なのであって、テキストもまたこれらの魅力を余すことなくふんだんに盛り込んでこそ初めてこの繊細なフェチ部を十全に満足できるという、そういう部分なのに、何、お前脚描写0じゃねーか!ナースですよ!?看護婦ですよ!?これがまた大事で、ノーマルなパンストとは訳の違う、透かし無しの完全密着・しかも白色ガーターですよ!?清潔感と、それを上回る色気と背徳感を引き出す、特殊アイテムですよ!?何やってんの! 原画台無し!勿体無い!無駄遣いしてんじゃねーよ!物事の機微も分からぬ表面だけのペラペラテキストライターは、ちょっと「新人看護婦・美帆?十九歳の屈辱日記?」からやり直すべき!
フェラはね。(こっちも語ってみましたが自分で読み返しても気持ち悪いので割愛)

せめてお腹は膨らんだりしないかと中出しするごとに期待したりもしたのですが、中に出そうが外に出そうが大勢に全く影響のない無難な仕上がりに、「やっぱりな」などと失望を痩せ我慢。



(この作品については、攻略ページでも触れております)







web拍手
 一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。
 いただいたコメントには後日日記にてありがたくレスさせていただいております。


  戻る  
  攻略     プレイ後用レビュー     日記過去ログ  
  Top Page