日記 - 2008年11月








日記 - 2008年11月










2008/11/02
「web拍手にレス」

まずお礼をば。
ここ数ヶ月、完全に飾りと化していたamazonアフィですが、先月久々にご利用下さった方が。そしてつい最近またご利用いただいたようで、本当にどうもありがとうございます。しかも一度に結構な数を。エロゲーと漫画本、当サイトのリンクご利用下さいまして、本当にありがとうございます。エロゲー購入資金の足しにさせていただきます。

web拍手も、たまに押して下さる方もいらっしゃるようで、どうもありがとうございます。


ということで、今回もweb拍手に寄せられたコメントについてレスさせていただきます。
コメントいただけるのは嬉しいものです。ほんと。



<拍手が下のほうでGJ!
<ネタは自重・・・がまん・・・
<未だにツクールゲー楽しみにしてますよー
<無双は三国しかやったことないですね~。戦国は画面が暗くてミッション面どくさくて、もう投げましたw

拍手、上の方、ですよね?一応変えてみました。
別に私がweb拍手クレクレでweb拍手ボタンを上に持ってきてるわけじゃなくて、こういうご要望があったから上にもってきただけですからね!その辺、誤解しないで下さいね!「web拍手乞食乙wwww」とかコメントしないでね!絶対しないでね!

戦国無双は、最近あまりにも無双ばっかりやってて、しかもKOEIソフトの常なのですがあまりにも非生産的なくせに時間だけ膨大に消えていく事態にそろそろ嫌気が差してきたので、現在まだハマってはいるのですがそろそろ封印を検討しています。
なんでも三国無双に比べ戦国無双は地味らしいんですが、それは1の話で2は若干改善されてエフェクトとかが華やかになったとか。私は暗いシリアスな雰囲気が好物なんでどちらでも全然かまわないのですが。ミッションおもすれー。

ツクール・・・ すみません、最近作業の手が止まっています。私にはキャラを描く実力が足りなさすぎる!



<酷いB級エロゲ 耐久プレイ交流会しましょうよー

ちょっとその後の話を聞いたんですけどね。
観た映画2本、キラートマトと死霊の盆踊りですが、キラートマトはまだ楽しいらしい。 ツッコミとかできるから。で、問題なのは死霊の盆踊りで、ひたすら同じような展開の繰り返しでマジで苦行だそうです。

ということを踏まえると、ですね。

uiuiさんが、キラートマトの代わりに「PP-ピアニッシモ- 操リ人形ノ輪舞」と死霊の盆踊りの代わりに「戦略娘Ⅱ」とかやればいいんではないでしょうか。どちらも超お勧め。特に戦略娘Ⅱはサブライター激推し。どちらも、それなりには楽しいですよ。

あ、uiuiさんにリクエストされても私はやりませんので、ご了承願います。(でもリクエスト作品だけなら喜んで聞きますよ。「私が出会ったネタにしかならんエロゲー(別名:ネタにはなるエロゲー)」)



<とても参考になりました。これからも頑張って(睡眠不足注意!)下さい。

これはご新規様(とか言うと携帯ショップみたいですな)のコメントですね。コメント、どうもありがとうございます。もし2回目とか3回目とかだったらごめんなさい。そういうのは分からないので。現在唯一の常連さまであるuiuiさんのように名乗り出てくれたり文脈で判断できたりしないと、基本的に常連さんかそうでないかは分からないのです。
すみません関係ない話ですね。
えーと、間違ってたらごめんなさい。触区のレビュー読んでのご感想でしょうか。触区は、それなりにノリノリでレビュー書けたやつですね。なぜか実用ゲーの方がシナリオゲーよりレビュー書きやすい不思議。いじりやすいんでしょうかね。
でも、書きやすい分、気合入れて細かく書いてるので(何か大事なものを捨ててるような気にもなるのですが)、こうやってメッセージいただけると励みになります。どうもありがとうございます。
睡眠不足は、そうですねぇ、最近はリアルが忙しいのであまり「気がついたら明け方」とかいう事態は減りましたけど、気つけたいと思います。
どちらかというと気をつけるべきは、実用ゲープレイに伴う(ry


<こんにちわ。以前に1度コメントさせて頂いて、本当に日記に取り上げられビックリしました。久々ですが、懲りずにまたコメントさせて頂きます(サイトは週1ぐらいで拝読させていただいてます)。「他人がどう言おうが、自分が満足できれば勝ち」の記事は、基本的だけど大切なことを改めて気が付かされました。最近個人的に色々あって混乱しておりましたが、何か心が落ち着きました。と同時に、晴鍋さんのゲーマーへの愛情のようなものも感じて、心が温まりました。長々と失礼しましたが、今後もたまにコメントさせて頂きますので、どうぞよろしく御願いいたします。社会人になって2年目、ゲームは卒業する積りでしたが、それどころか学生時代よりものめり込んでおり、まだまだ18禁ゲームとの付き合いが続きそうです(嬉しいような悲しいような)。今後もレビューとプレイ日記を楽しみにしておりますので、ご無理のなさらぬように長く続けていってくださいませ。

ちょ… やめろよ…
こんな文章読まされたら、涙が出るじゃないか…。

「はたらくぶるま」から始まるあの駄文に、過分のご感想いただき、本当に恐縮です。でも、あの文章で私が伝えたかったこと、あるいは私自身も意図していなかったことで、何かご感銘いただけたとしたら本当に嬉しいことです。
一般人が「エロゲーマー」と聞くと、なんだかただでさえ非社会的イメージのあるゲーマーをさらに2,3段ほど下げたような、社会の屑のような、もうどうしようもねぇなフヒヒって感じの雰囲気すら漂う人種を想像するのでしょうが、エロゲーマーの、エロゲー作品やエロゲー業界に対する思い入れやプレイのモチベーション、意識の高さはかなりのものなんじゃないかなと思います。情報ってのは、その情報がどれだけ高尚なものであっても受け手がボーっとしてたらその受け手にとっては情報価値0ですし、逆に何気ないことでも、受け手がそれをしっかり咀嚼し、批判し、あるいは糧とするなら、それは大変有意義なものなのだと思います。つまり、色々と問題だらけの18禁業界ですが、それでもこの業界の底力を信じたくなる要因のひとつは、プレイヤーたるエロゲーマー達の意識の高さかも知れません。
私自身もこの業界にいつまで足つっこんでいるかは分かりませんが、自分にとってこの業界が無価値に思えれば、その時に足を洗えばいいのであって、そこに何かしら価値を見出すのなら、周囲を気にせず、自分のペースでゆっくりと楽しみたいと思います。(もちろんあまりのめりこみすぎてリアルが破綻しないように気つけなくてはいけませんが)
「ゲーマーへの愛着」と仰いましたが、普段感じているのはどちらかというと製作者サイドへの愛着なのですが、言われてみれば確かに、そういうものもある気がします。特に、厳しい情勢のエロゲー業界を積極的に買い支えている人達には、強い連帯感を感じます。そんなもん余計なお世話でしょうし公言しませんでしたが。エロゲーマーには、やはりエロゲーを存分に楽しんでほしいものです。自分が身銭を切って楽しんだ作品、たとえ周囲が酷評していても、良いと思ったご自身の感想を大事にしていただければと思います。

またの書き込み、お待ちしてます。どうも長文でご感想いただき、ありがとうございました。大変励みになりました。
なんだか変なレス文章になってしまい、申し訳ないです。



<最近コメントしてない…いやはやすまんです。コメントはしないけど、ここはよく見てますよ~
<そうだ、せっかくなので誕生日おめでとー!!!
<ありがとー!!!
<とセルフ祝いをしたところで失礼します。

いえいえ、お気になさらないで下さい。いつもどうもです。10/28はお誕生日でしたか。遅くなりましたが、おめでとうございます。お酒は二十歳を過ぎてから!にあと1年ですかね。ていうか、うちのサイトへの書き込み始めた時、まだ1(ry
後期始まってますが、学業、ご奮闘下さい。これからの人生の糧になること請け合いです。でも、学業もいいけどエロゲもね!



<一日あたり平均して拍手はどれくらいきてますか?

この質問文を読んで
「日単位で平均するなんてとんでもない!」
という感想を持つ程度です。
あ、そうそう、一昨日永夜抄NORMALノーコンティニュークリア達成いたしました。私ってば最強ね!(ボム早漏度的な意味で)


以上、今回は何ともすごいことに3名から拍手コメントをいただきまして、どうもありがとうございました。






2008/11/10
「エンドレス・むすめーかーを巡る苦悩」

私的、2008年最大にしてほぼ唯一の期待作が「むすめーかー」だという時点で結構自分でもこれはどうかと思うのですが、夏くらいからずっと「むすめーかー」に期待いっぱい夢いっぱいです。

しかしこの「むすめーかー」、私とはかなり縁が薄めらしく、ちょうど他にプレイするものがない時期だったはずの発売日は延期され、現在私リアルがかなり忙しいんですが、そんな中でそろそろ発売3週間を切ってしまいました。しかもしかも、2008年で唯一新作で予約購入した読み物系ADV「SIN -黒朱鷺色の少女-」が、これまた発売日を延期して、よりによって「むすめーかー」と完全同一の11/28に発売されるという不運。


そしてまたここに新たなる障壁が。


その名も、「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」
地雷臭ムンムンながらもゲーム系エロゲー好きとしては期待せざるを得ない、「信長の野望」型のSLGです。
…なんか正確にはKOEIの「信長の野望」とかとはまた毛色が違うタイプのSLGだそうですが、そんなことはいい。SLGであることが大事なんです。

とはいえ、作ってるところが作ってるところですからね…。
私、かつて「ユニコーン」傘下のブランドで一回自分的駄作をプレイしたもので、ちょっとあまりこのユニコーン印に好感持てないというか…。
まぁとりあえず下調べです。まずシナリオライターは…

えーと。
元々期待してなかったけど、こ、これは、駄目かも分からんね…。

いやいや、こういうのはシナリオよりもゲームシステムが肝だ、ということでまずざっと公式サイトをチェックし、続いて批評空間の評価をチェックし、「天下統一1」とやらもチェックし、そして最後にデモムービーで確認したのですが、やべぇ、これかなりの作業ゲーじゃね…?
ていうか、このデモムービー見て購入意欲がどんどん減退し、冷静さを取り戻した私。こんなに購入意欲を殺ぐデモムービーも珍しい。

いやだってね、明らかに作業くさいもの。デモのくせに、前半作業ばっかだし!モブキャラ武将の台詞はどうにも妙ちくりんな「戦国語」だし。
「これからも、忠義を尽くします!!」て。
なんで"ですます口調"なんですか。しかも、戦国ゲー的雰囲気皆無の声。普段「男子生徒A」とかを担当するタイプの声です。
そしてなんといっても、後半の戦闘パート。スタッフはこれをテストプレイして何も思わなかったのでしょうか。絶望的につまらなさそうなんですけど。
ちょっとは作業プレイっぽさを隠す努力くらいしろよ…。


ただ、(1:46くらいから参照)同盟交渉に行って断られた時に、相手側から
「ア… アンタなんか、大っ嫌いよぉ!!!!」
とデカい声で無駄に罵られたのが妙にツボってしまい、ヤバい、これは違う意味で楽しめるかも知れん。(涙)


ていうかね。

既に私の中では「頑張ったのは認めるけど、その、頑張りが足りん というかゴメンもっと精進して出直してきて」的評価になるのはほぼ決定事項なのですが。なのですが。なのですが…!


こういう作品は、たとえ地雷と分かっていても、誰かが買い支えなくてはいけない。
エロゲー業界から、SLG、RPGの芽を絶やさぬために。
ひいては、この業界の、さらなる創造の新風を起こすために。

今から、予約して来ます。
「むすめーかー」発売の暁には、「むすめーかー」「SIN -黒朱鷺色の少女-」「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」の大車輪を、なんとか回していきたいと思います。
今年は新作エロゲーとも疎遠でしたからね。時間の許す限りですが、ここで一つ本気を出さねば。

「はじめに」ページでもしばらく掲載していましたが、元「娘姉妹」スタッフ達が作る新作「姪少女」も、買わねばなるまいと覚悟しています。「欲しい」「買いたい」などという原始的欲求ではなく、冷静沈着な脳内会議の末に「貴重な炉利HBは守らねば」と賛成多数で可決、購入を決定しました。
「美脚性奴会長 亜衣「こ、この変態! 私のタイツになんてことを……!」」も、資金難ということで発売日の購入こそ見送ったものの、一(いち)脚フェチストとして、その出来栄えは必ず近いうちにこの目で確かめる決意を固めております。






2008/11/12
「レビュー未満」

今日もレビュー書くだけで半日潰れたんですけどね。
さすがに時間かけすぎなので、もうちょっと絞って書き上げたいですね。実はもう1本レビュー書けるのがあるのですが、しかもそちらを先に終えたのですが、書いてて楽しいのは確実にこっちなので。
うん、次のレビューは多分短めになります。

最近自分の中で問題視しているのが、レビューを書くに至らなかった、結構早い段階でプレイ放棄に至ってしまった作品について。もしくは、プレイは8割方終えたけれど、残り2割をやる気がしないまま時間が過ぎてしまい、8割状態でのレビューも書きづらくなってしまった作品について。

この辺の作品って、確実に私の中では評価低めなんですよね。なにせ最後までプレイできなかったわけですから。
そういう作品をレビューせず、大体終えた作品ばかりレビューしてるのって、「エロゲ作品の相対的得点付け」をサイトコンセプトの一つにもってきている当サイトとしては、極めて望ましくない状況ではないかと。(「相対的得点付け」とは、言うまでもなく客観的評価ではなく私の中で点数付けです)

ちょっと、善後策を考えたいと思います。簡単にだけでも感想書いて、サイト外では宣伝しなかったらいいかな、とか思ってます。
いずれにせよ、プレイ途中で放棄した作品なので作品に対する熱も低めであったり記憶が曖昧だったりするので、筆は進まないでしょうが。せめて得点付けくらいしておきたい。


いやね、そろそろクリスマスが近づいてきたじゃないですか。
毎年、聖夜に何をして過ごすかを考えて楽しんでいるのです。確か3年前はアニメ版「AIR」を一人で鑑賞して最終話でグスグスと涙し、一昨年は「デモベ」プレイして過ごし、去年は「妹にスク水着せたら脱がさない」プレイして過ごしたんだと思います。去年は2007年エロゲ総括のおまけ付き。
で、去年の「妹スク」、うちのサイトでの去年12月の話題と言えば基本的に「妹スク」だったのですが、2008年の年明けからピタリとそれに触れなくなったこと、全国推定数名の常連さま、お気づきでしょうか。
あの作品ね… プレイして驚いたのですが、実用ゲーのくせに驚くほど実用性が不足していて、萌えゲーとしても実用シーン多すぎてイマイチで、結局途中放棄してしまったのですよ……。
一度、「なぜ私はこれを放棄するに至ったのか」についてだけでも熱く語りたい、というか記しておきたいと思うのですが、できればレビューページで書きたいのですよね。


ということで、今後、テキスト量の極端に少ないレビューが上がってくるかも知れませんが、どうぞご容赦いただければと思います。




あと、陸自からの情報により、「むすめーかー」発売が12月中旬に延期になったことを知りました。今年のクリスマスの予定はこれで確定いたしました。
前回の日記で書いた、プレイ前から噴飯SLG「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」は、めでたく予約完了いたしました。「SIN」も含め、「むすめーかー」へのつなぎもこれでばっちりです。






2008/11/15
『戦極姫~戦乱の世に焔立つ~』をばっさり斬りつつ、返す刀でweb拍手(ry」

どうも。
発売日まであと5日まで迫り、私自身も予約を済ませた「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」ですが、これが基本的に地雷であることを信じて疑っていません。
今、公式サイトでは必死にてこ入れで「スクリーンショット」と称するプレイキャプチャーを公開し始めていますが、うん、これはいい戦略だと思います。これだけ見てると、見様によっては面白そうにも見えますもの。「地雷なのかな?でも地雷じゃなかったらいいな」と不安を抱えながらも淡い期待を擁いているエロゲーマーの夢を打ち砕かないまま購入に踏み切らせる、良策。


これで、過日公開してしまったデモムービーも削除しておけば、言うことなかったんですけどね。



いやマジでヤバいって、あのデモムービーは!!見せちゃいけないとこ見せすぎでしょう!
もうね、システムのユーザビリティの無さは露呈したし、作業プレイ(というか細かいところの面倒な指示出し)もバレたし、あらゆる面でチープな戦闘シーンも白日の元晒されたし、鑑賞していても不安な気持ちにしかならない一部絵師の絵は前から堂々公開されてるし、どこをとっても出てくる単語は「不安」か「絶望」しかない!
皆さん、私の見立てでは「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」は、半端な覚悟では決して凡作以上にはなりませぬ!
はっきり言ってね、あのデモムービーが関が原です。まず、あのデモムービーを最後までスキップせずに見通せるか。そういうレベルからスタートして、それを最後まで見た上で、そのヤバさをじっくりと噛みしめ、呑み込み、その上で、
「…………作業プレイ上等じゃないの。」
となった時、始めてこの作品は良作以上に上りつめるでしょう……!

言うまでもなく皮肉ですし、発売前の作品をプレイもしていないうちから叩くのは気がひけるのですが、いいんです、だって私は予約購入者。未来の「お客様」ですからっっ………!


…これくらい言っておかないと、とてもモチベーションが保てない。
というか、ようやく、絶望を過ぎてなんだか楽しくなってきました。発売日が待ち遠しい。
「ア…、アンタなんか、大っ嫌いよぉ!!!」(以前の日記参照)
だけでお腹膨らます所存であります。



さて、続いてweb拍手にレスをば。
えーと、拍手ボタン、押して下さった方、どうもありがとうございます。
コメントいただいております。基本的に常連のあの方から。


<はっはー、残念だったなw誕生日は27日で、すでにお酒もタバコもエロゲも幼女も大丈夫な年齢だぜw
<ってかアレだよ、気のせいだよ。ここ見始めたときは心は大人だったはず。

えーと、10月27日が誕生日で、それで20歳になったとしたら、2006年9月16日初書き込みの時点での年齢が… えーと…。
…幼女が大丈夫な年齢って何だよ!(話題逸らし)



<web拍手乞食乙wwww (×4)
<そんな振りをされると、たくさんコメントしたくなるのでやめてください。でも自重はしないでください。
アンタがweb拍手ボタンを上に持って来いって言ったからやったんでしょうが!



<HPは月1,2更新でも良いよね?と自己満足を垂れ流してますw改めて、ここのつくりがすげーなぁ…なんて思ってないんだからね!

うん、うちのつくりは普通に凄くないですね。悪い意味で凄いかも知れないけど。
今は昔より少しはスタイルシートも分かったから、改装したい気もするんですけどね。なにせこれだけ作ってしまうと、その作業も膨大だから、パスです。多分ずっとこのまんま。



<ツクールはキャラも作成しなきゃいかんのですね。もうデフォ1とか太郎とかABC記号で良いんじゃ…なんて思う自分にはとても作れないです。頑張ってください。

そうですねぇ。キャラ作り、難しいですね。 あと、個人的にはマップ作りが面倒で、これこそ出来合いのもの流用したい気持ちでいっぱいです。



<ヨガファイヤー

フタエノキワミ、アアアアァァアアア!



<20日ってことは10日先の日記ですか!未来日記的でこれも面白いですw

えーと、何のことでしょうか。



<やっぱRUNE/CAGE分解しちゃったかー…

みたいですねぇ。でも、スタッフの何人かは他ブランドで頑張っているようですし、つまりあれだ、「俺達のRUNEはこれからだ!」。(CAGE終了のお知らせ)



<ゲームは欲しいっ!しかし今年はクリスマスが!そこでお金使いたい!などと思うのですが、これはいかがでしょうか?

リア充はリアルに生きてろwwww
私から一言、「二兎追うものは」



<最近は新作チェックをしないので、ここで取り上げられる情報がとても役立ってますw

ここで取り上げるのは数が非常に少ない上に、かなり偏ってますよ……。



CLANNADは人生、Airは芸術、Fateは文学、リトハ゛スは筋肉、鳥の詩は国歌、SchoolDaysは神話、君が望む永遠は哲学、攻殻は政治、うたわれるものは日本史A、ひぐらしは論理学、EVAは聖典、神霊狩は音楽、Kanonは奇跡、ゼロの使い魔は国旗、ムリョウは日常、まなびストレートは青春、砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないは社会派ミステリ、東方は宗教、落語天女おゆいは伝統芸能、らき☆すたは社会の縮図、けよりなは八百屋、きみあるはヒロシ、グリーングリーンは青春、キノの旅は絵本、rewriteは嘘、狼と香辛料は経済、なのはは燃えアニメ、極上生徒会はモラトリアム、こじかは葛藤、ARIAは現実、ハルヒは感性、すももは楽園、Myself;Yourselfは月9、アイマスはわが娘、初音ミクは真実の光、true tearsは真実、H2Oは格差社会、D.C.~ダ・カーポ~は純愛、みなみけは食事、efは旋律、電脳コイルはデジタルデバイド、カブトボーグV×Vはポストモダニズム、シャニティアは英雄憚、solaは幻想、∀ガンダムは命、ニニンがシノブ伝は文化論、コードギアスは国家論、バンブーブレードは竹刀、瀬戸嫁は仁義なきたたかい、かんなぎは中古 ←NEW!!
<っと、長かったー。なんか色々増えてましたこれのシリーズ。

うーむ、意外と面白いですね。私深夜アニメとか見てないしラノベとかも読まないんで、分かるネタ少ないけど。

<CLANNADは人生
CLANNADはことみルート最高だけどこれはねぇよwwww
<Airは芸術
演出が神なんだと最近ようやく悟った。あと麻枝氏による台詞テキストが実はかなり良い。背景綺麗だしね。
<Fateは文学
はるか昔に外部ブログでマジレスしましたが、fateは文学じゃありません。私達の結論は「戦乙女ヴァルキリーは歌舞伎」。
<リトハ゛スは筋肉
筋肉筋肉~♪
<鳥の詩は国歌
異論は認めない。
<君が望む永遠は哲学
???
<うたわれるものは日本史A、ひぐらしは論理学
ねーよ
<Kanonは奇跡
そのまんますぎて笑た
<ゼロの使い魔は国旗
節子、それハーマイオニーちゃう!
<東方は宗教
これは… 深いですねぇ。 感心した
<らき☆すたは社会の縮図
らき☆すたに限らず「●●は社会の縮図」と言えるのはいっぱいありますよね。これも間違いではないのでしょう。私全然知らないのだけど。
<けよりなは八百屋
キャベツ乙ww
<グリーングリーンは青春
だそうですね~
<rewriteは嘘
ちょwwww
<こじかは葛藤
ただの似非ロリコンだろうが!
<ARIAは現実
信者発狂ですね、分かります
<ハルヒは感性
原作と比較しての良さという意味では、京アニの最高傑作かも知れん。京アニの感性すげぇ
<すももは楽園
酒池肉林ですかね
<アイマスはわが娘
そうなのかー
<初音ミクは真実の光
なんだこれwwww
かんなぎは中古 ←NEW!!
これね、この前に日記で語ろうと思ったんですけど結局やめにしたんですよね。
私もよく知らないけど、むやみに中古にしちゃいかんですよね。



<11/20だなんて……一人未来へ行きすぎだろ、常考……と、さすらいのエロゲ陸自が突っ込んでおきます
<あ、あとたまソフト('A`)の新作が早速延期したようでちょっと笑いました。貰ったロスチャやってません、すいません……

まさかの陸自登場、しかもuiuiさんと同じツッコミwwww
ロスチャは、私がソフマップに足繁く通っていた頃、どんどん値下げしていたロスチャ新品がついにワゴンからも追放されて在庫処分1980円(確か新品)で売られていた時にネタで購入してそのまま陸自にプレゼントしたんでした。

たまソフトは、私の中で「世界ノ全テ」が基本的にカスだったので二度と触れないと決め手おります。プレイ順って大事ですよね。



<未来日記という新しい試みが直されていた件について、3行でお願いします。

あー何のことですかねぇ~



<確かに、妹にスク水着せたら~のやつはいつの間にか消えてましたねwそん時は深く考えなかったんですが、強烈な地雷でしたか…
<だめっぷりを逆手にとって、いかに駄目かとか、数少ない良い点を広げまくってレビューするなど、たまには変わった試みをしてみてはどうでしょうか?
<と思ったら熱く語る予定があったw楽しみにしてます~
<あと、プレイ放棄は別に良いんじゃなかろうか?玉石混合というか、当たり外れの差が激しいですし、レビューしにくい微妙なものも多数ありますし・・・要約すれば、ゆっくりがんばってね!
<今年のクリスマスはどうしようかなぁ~

昔、「地雷エロゲを敢えて褒めまくるスレ」とかいうのがあってですねぇ

ともあれ、ご意見・ご声援ありがとうございます。レビューしにくいのも簡単にだけでもレビューしたいと思います。

でも今年のクリスマスはとか、リア充の悩みをこんなところで披露しないで下さいね!!



<ありがとうございました

ご新規様かな?何がか分かりませんが、何であれ、何かのお役に立てたのなら幸いです。こちらこそ、わざわざのコメントありがとうございました。






2008/11/19

「年末ラッシュに向けての身支度」

1週間ほど前に何の因果か半年ぶりくらいにふと起動してしまった「戦国ランス」。
週末は戦国ランス漬けで過ごし、無事1巡クリアできました。
それも、ラスト1巡。もう戦国ランスは(できる限り永久に)起動しない。プレイしない。大悪司はやっても戦国ランスはやらない。
関連で「プレイ後レビュー」を少しだけ加筆しましたとご報告を。

さて。
これから12月末までに、一気に3作は購入決定です。
問題なのが私の部屋。そろそろエロゲを収納するスペースが無い。
ということで、手持ちのエロゲを整理し、売りに行ってきました。
結構まとめて売り、「あー疲れた疲れた。一労働したわ。」→「おや、自分へのご褒美がこんなところにたくさん。」→売って手に入れた金でその店のエロゲ買って帰宅。
新作「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」の発売日を間近に控え、買ってきたエロゲをプレイ開始。面白いわ、これ。面白いんだけど、何やってるんだろう私。 (A.「超昂閃忍ハルカ」)






2008/11/20

「waffleDL販売商品値下げ」

既に今日手元に届く予定の新作が既に悪い意味で話題になってて泣きました。

いいの、私は今川に同盟求めて断られるのだけを楽しみにプレイするから。楽しんだ者勝ちなんだから。負けないんだから。


それはさておき、waffleがDL販売商品を大幅値下げしたようです。これまでの作品がこの価格とは、すげー!みたいなのがゴロゴロしてて何とも嬉しい。けどこんなことして、会社危ないのかな。
waffleは、なんか、エロゲ業界では不遇をかこっている印象あります。実力の割に知名度がないというか。まぁ実力も微妙っちゃ微妙なんですが、結構芯のある作品が多いと思います。実用ゲー・陵辱ゲーをメインで売ってるんですが、ただの実用・陵辱に終わらせず、プレイヤーをして読ませる、考えさせる、そういうブランドなんじゃないでしょうか。それが鼻につくって人も多そうですけど。あと、どうも、実力をうまいこと発揮できてない印象です。迷走気味というか。実用シーンにしてもテキストにしても、「良い」んだけど、「素晴らしい」には至らない。あと一歩届かない。実力不足で届かないんじゃなくて、ツボを押さえそこなっているため届かない。特に実用面は、「そこまで良い素材を揃えながら…」と惜しむことしきりです。

…ちょっと厳しめの意見を書きましたが、それでも私は他の多くのエロゲブランドよりwaffleに愛着あるし、作品の質も評価してます。特に濡れCG。waffleはやればできる子。値下げされた過去作品も、この値段なら同じ額出して凡百の同人作品プレイするよりずっと満足度は高いんじゃないかなぁと思います。
というわけで、最後に、私のお勧めと私が欲しい作品幾つかリンク貼って終わりにします。全部「ギュッと!」につながります。

優遇接待~孤島の楽園へようこそ~
スク水ゲーの金字塔。CGやべぇ。問題点は実用性が高くないこと。まぁ安いし。

汁だく接待~汁だらけの街~ [Waffle]
これはマジでお得です。汁だく接待シリーズの基幹作品で、その分値下げ率も高い。

以上は、当サイトでもレビューかいてます。以下、未プレイ作品。

抜け忍~捕獲、そして調教へ~
実用ゲーのくせに結構面白いとか。考えさせられるとか。シナリオが。

魔法の少女シルキーリップ 三人の女王候補 [Waffle]
私はプレイしていないのですが、特に評価高いです。






2008/11/21

『戦極姫~戦乱の世に焔立つ~』プレイ中の感想」

えー、発売前から地雷だ地雷だと騒ぎ立てた、2008年屈指の大型SLG「戦極姫~戦乱の世に焔立つ~」、現在プレイ中です。

最初に選べる大名4つのうち、私が選んだのは(多分一番選択者の少なそうな)島津家。
以下数行に渡り私のプレイ日記書いてますので、歴史ゲー好きな方だけどうぞ。ゲーム自体の感想はその下です。
---------------------
私が一番好きな戦国武将はベタながらも上杉謙信なのです。稀代の戦上手でありながら非常に義に厚く、自らを毘沙門の化身と名乗ったりと、色々とカッコ良すぎです。
しかし上杉家プレイはもう散々「信長の野望」でやったので、頭首がバカだという設定の島津家を選択。
プレイ開始時は、島津家はまだ薩摩すらも統一していない大名未満、すなわち豪族という身分で、まず薩摩統一からゲームが始まるのがまず好印象。最近の「信長の野望」はどうもスケールが大きくて、こういう細かいエリアでチマチマしたりということがあまりありませんからね。で、薩摩統一後は北へと版図を広げていくのですが、今でいう宮崎と熊本に手を焼いている間に、大分の大友家と隣接することに。佐賀・長崎の竜造寺を先に潰したかったので、大友家から申し出のあった同盟にも同意し、宮崎・熊本を平らげ、さて長崎に攻め込むか、と攻め込んでみたらそこも大友領でびっくりした。
このゲーム、他国の状態を見るにはコストが必要なので、私全然チェックしてなかったんですよね。九州はだいたい島津・大友・竜造寺辺りのどれかが勝ち進むし、過去の「信長」経験から言って大友は結構竜造寺やら毛利やら列強の喰い物にされていることが多かったので、まさか北九州を大友が制圧しているとは思わなかった。
大友、しかも中国地方にまでかなり食い込んでいたため、その時点で石高も我が島津よりも大友の方が上で、かといって島津が版図を広げるには大友領に侵攻するしかなく、それから長いターンかけて大友と総力戦を繰り広げてました。
現在、国力も結構ヤバいことになりながらも、ようやっと大友家を筑前(福岡の北)にまで追い込んだのですが、気がついたら毛利が弱体化した大友を東から喰っていて、毛利の九州上陸を許してしまったところです。こっちは戦続きで国力ヤバい中、大友の息の根を止めつつ毛利侵攻を最小限に抑えなければいけない、そういう場面です。
-----------------------


とまぁ。
結構楽しいです、これ。

以下、現時点でのレビューを簡単に。


■シナリオ
冒頭、島津が薩摩を統一するまで、島津四兄弟ならぬ四姉妹と主人公との掛け合いがあって、これが意外と悪くなかったです。私みたいな年長プレイヤーは四姉妹というと「痕」の彼女らなのですが、あれに良く似た感じで綺麗にキャラ分けされており、メインヒロインである次女とのやりとりを中心に、ベタなラブコメが繰り広げられました。おまけとしては上々の出来です。
が。
そこから、九州のほとんどを制圧しようという今に至るまで、主人公と四姉妹との会話は、合計4行
内訳:長女と1行、次女と2行、四女と1行。
コマンド「女に会う」を選ぶと、その時点での仲の良さを反映して一言 コメントを聞くことができる、とか。(by説明書)
本当に一言で笑った。


次、いつイベント起こるんだろう…。


■ゲーム性
はっきり言ってこれはかなりの作業プレイ。例えば薩摩だけで7,8の城があるわけですが、天下統一のためにはそれを一つ一つ落としていかないといけません。全国で幾つ城があるのか、あまり考えたくないです。しかし作業プレイだということは予め分かっていたわけですし。
そして、意外と空城が多いのです。城(どころか地方まるごと)に武将が居る必要はなく、戦で攻めたい城、敵から守りたい城、内政をしたい地方のどこかの城に武将がいればいいので、武将は基本的に前線に集中します。場所移動にもコストがかかるので、どうでもいい武将は動きませんが。また、内政ですが、基本的に結構早く終わります。数ターンでその地方の上限になってしまう。ので、ますます前線以外に強い武将を配置する必要がなくなる。
SLGですが、まず合戦について。デモプレイを公式サイトで見たときは、どうしようもなくパッとしないエフェクト・演出に絶望したものですが、これ、慣れればどうってことない。シンプルなシステムですが、それなりに楽しいです。運の要素もありつつも、やはり基本的に戦略性が問われます。また、合戦は、始まる前にほぼ勝敗は決していると言えます。どこにどの部隊でどう攻めるか、またどう守るか。それこそが重要。
先述のとおり、一つの地方(国。薩摩とか尾張とか甲斐とか)に、幾つも城が点在しています。城の防御力が実は結構戦略に影響を与えるため、攻めるならばどの順でどう攻めるか、限られた戦力をどこに割き、どこを防衛ラインとして止めるか、など、色々と考えるのが楽しい。
作業量はかなりのものですが、アクティブに取り組めば、なかなか楽しいゲームなんじゃないかと思います。これは驚き。
昔、「妖獣戦記」というD.Oの古いゲームのリメイクをプレイした時に感じたワクワクと似ています。自由度が適度に高い分、プレイヤーの裁量が問われる。時には、わざと撤退して敵に城を取らせる、なんて手も有効っぽいです。
期待してなかった(というかむしろ覚悟してた)分、意外と楽しめて満足です。


■実用性
びっくりした。あの、眺めていても不安な気分にしかならないあのCGが、あんなに色気があるとは。
そしてなにより、テキストが素晴らしい。
…いや、ヒロイン達との初々しいHとかはマジでどうでもいいんですが、SLGパートやってると、他国で理不尽な凌辱を受けているキャラのイベントが挿し込まれるのです。
それが、私のツボど真ん中ストライクで、しかもこのツボ、エロゲでは「ありふれていそうで実は少ない」希少なものなので、私感動。すなわち、「凌辱に対する諦観」「不本意な奉仕」「正気のまま凌辱(非快楽落ち)」の三点セットが、きっちり守られた、理不尽凌辱系。
多分もうあんまりこんなシーンないと思いますが、いやぁ、えがった。おかずに使えるかというとあと一歩欲しいところですが、まさかの拾い物でした。


■システム等
びっくりした。
SEの音、これ、フリー素材じゃねぇの…?
「ひぐらし」が、フリー素材使いまくって作られた同人ゲーだっていうじゃないですか。
あの「ひぐらし」と寸分違わぬ効果音が聞こえてきて、なんとも言えない気分になります。
超チープ!ほんとうに、エフェクトとか演出はマジでチープ!
でも、これもちょっとプレイしてたら慣れました。


■まとめ
酷評されていますが、これ、全然期待してなかった私には、意外と良かったなぁ。
90年代のエロゲを知る者としては、これくらいのロースペックはどうってことない、というか懐かしい感じ。そんなことより、ロースペックの中、きっちりと「読ませる」「遊ばせる」を実践できていたのが好印象です。
ツッコミどころは色々ありますが、これなら許す。






2008/11/30

「無題」

「闘神都市3」外したーって人、ゲーム性高いエロゲなら「戦極姫
すみません何でもないです。





  レビュー(プレイ前)     レビュー(プレイ後)     攻略     HOME  

(一言メッセージ機能としてもご利用いただけます。  コメントには後日日記にてレスさせていただいております。)